家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツ語で年末年始のあいさつ   
 ドイツ語での新年の挨拶ですが、ドイツ語の辞書で「あけましておめでとう」と調べても、なかなか出てこないのではないかと思います。
 実際、わたしも辞書では簡単には見つけられませんでした。

 まず、クリスマスと新年を合わせた挨拶があります。
 ※クリスマスカードにも書けるフレーズです。
「Frohe Weihnachten und ein glückliches neues Jahr!」
(フローエ ヴァイナハテン ウント アイン グリュックリッヒェス ノイエス ヤール)
 
(楽しいクリスマスと幸せな新年を!)

 年末・大晦日には、
「Guten Rutsch (ins neue Jahr)!」(グーテン ルーチ (インス ノイエ ヤール))(無事年越しを!)
 「Rutsch」は、「つるりと滑る」という意味の単語で、「滑り出しの良い新年を!」とか「無事トラブルなく、新年にすべり込めますように!」という意味合いのようです。
 ちなみに、大晦日を「Silbester」(ジルベスタ―)、大晦日から新年にかけての夜を「Silvesterabend」(ジルベスタ―アーベント)とも「Neujahrsabend」(ノイヤールスアーベント)ともいうようです。
 そして、元日(1月1日)は「Neujahrstag」(ノイヤールスターク)と辞書に書いてありました。

 新年には、「あけましておめでとう」という意味で、下記のようなフレーズがあります。
「Viel Glück zum neuen Jahr!」(フィール グリュック ツム ノイエン ヤール) (新年にご多幸を!)
「Gutes Neues!」(グーテス ノイエス) (良い新年を!)
「Frohes neues Jahr!」(フローエス ノイエス ヤール) (新年おめでとう!)

 新年の乾杯のときは、
「Prosit Neujahr!」(プロウジット ノイヤール) (新年おめでとう!=新年に乾杯!)
 これは、ニューイヤーパーティー(Neujahrsparty ノイヤールスパーティー)で使いそうなフレーズですね。

 あとは実際にドイツの方に「ドイツ語で新年の挨拶って、どう言えばいいの?」と聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 我が家はクリスマスも新年も家族で迎えたので、実際にドイツの方と年末年始の挨拶を交わすことはほとんどなかったのですが、皆さんはいかがでしょうか?
 「こんな言い方もあるよ」「こういう言い回しは古くて使わないよ」など、コメントしていただけると嬉しいです。

 そのほかのドイツ語のあいさつは、下記の記事で。
ドイツ語であいさつ! - 家族でドイツ!
 今回の記事の内容についても簡単に追記しています。
スポンサーサイト
「Auf」と「Zu」は「ゆるむ」と「しまる」」   
 これは電気製品のプラスティックねじ。
 日本の会社のものなんですけれど。なんとドイツ語も書いてありました。
ゆるむしまる1
 「Auf」と「Zu」です。
 そして、このねじで「Auf」と「Zu」に対応している日本語は「ゆるむ」と「しまる」。英語は「LOOSE」と「TIGHT」。
ゆるむしまる2

 ドイツ語の「Auf」と「Zu」には、いろいろな意味がありまして、辞書を引いてもすぐ「ゆるむ」「しまる」と出ているわけではないのですけれど、以下のような説明がありました。

Auf」は、分離動詞の前つづりとして 『開ける・展開する動作』 などの意味を添える。
Zu」は、分離動詞の前つづりとして 『閉鎖』 などの意味を添える。


 たとえば、「ねじを開ける」というときには「auf | drehen」。
 そして、「ふたを開ける」というのは 「auf | decken (machen)」、「ふたをする(閉じる)は」「zu | decken (machen)」。
 きっと、ドイツ語話者は動詞を省略していても、「Auf」と「Zu」と書いてあれば、「開ける」「しめる」をイメージできるんですね。

 このねじに書いてある日本語は「ゆるむ」「しまる」ですから動詞。英語は「LOOSE」と「TIGHT」ですから形容詞ですね。(「loose」は動詞や副詞・名詞もありますが……)
 同じねじに、3つの言語が違う品詞で書いてあるなんて面白いですね。
大晦日 と シルベスター・スタローン   
 ドイツ語で大晦日を「 Silvester ジルヴェスター」と言います。
ドイツ語では単語の初めの「S」を「ジ」と濁ってくださいね。

 この単語で、つい「ロッキー」の主演俳優「シルヴェスター・スタローン」さんを思い出してしまうのは私たちの世代ぐらいまででしょうか。彼の名前のほうのスペルは「Sylvester」なのですけれど、大晦日生まれではありません。(笑)

 「Silvester」・「Sylvester」は、ラテン語の男性の名前なんだそうです。女性だと「Silvia ジルヴィア・シルヴィア」さんですね。ラテン語の「silva」は「森・木々」という意味なので、日本語だと「樹くん」とか「森さん」になるかなぁ?

 そして、なぜドイツで大晦日をジルヴェスターというかというと、もともと大晦日に亡くなられたというローマ教皇シルウェステル1世(Papa Silvester / Sylvester I)にちなんでいます。カトリック教会で聖人シルウェステル1世を記念する日が12月31日であったことから、ドイツも含め西ヨーロッパで大晦日をこう呼んでいる地域があるのです。
 英語では「New Year's Eve」ですけれど、フランス語では「Saint-Sylvestre」イタリア語では「San Silvestro」というようですよ。

 月のクレーターにも「シルベスター (Sylvester) 」という名前のものがあるんだとか。
 こちらはイギリスの数学者のジェームス・ジョセフ・シルベスター(James Joseph Sylvester)さんにちなんでいるそうです。

 ドイツの大晦日といえば、ビックリするような打ち上げ花火の音・音・音。
 小さなお子さんのいる家庭では夜泣きを覚悟したほうがいいかもしれません。
 ではでは、みなさま良いお年を!
 
「テレビでドイツ語」テキスト   
テレビでドイツ語テキスト

 
「テレビでドイツ語」テキストを買いました。
 ケルン中央駅、ケルンドームなど、懐かしい景色を映像で見るのも楽しいですが、テキストもなかなか面白いです。

 今回の放送のドイツ語のレベルは初歩。まずはあいさつと自己紹介。
 「簡単」「楽勝」と思っていたのに忘れていることもあって、けっこう勉強になっています。

 テキストには『ダーリンは外国人』のダーリン、トニー・ラズロさんの「ダーリンのドイツ語修行」が連載されていて感激!
 奥様の小栗左多里さんがイラストと4コマ漫画を描いてくださってます。
 言語好きのトニーさん、ドイツ語との付き合い方も素人離れしています。
 この連載を読むためだけでも、テキストを買う価値ありかも!(笑)
Pipoと始めるドイツ語!   
pipo

 「NHKテレビ ドイツ語会話」で放送されていた「ピポの大冒険!Pipos Abenteuer」。大好きだったので、録画したものをDVDにして見ていましたが、なんとインターネットで公開されているのです。すごーい!!

 1999年度と2000年度のラジオ「ドイツ語講座」で放送され、2003年度と2004年度のテレビ「ドイツ語会話」で放送されていた火星人の王子様「Pipo」ピポとドイツ人の女の子ティナ「Tina」の物語。
 可愛いだけでなく、文法事項をがっちり押さえ、しかも物語は「環境破壊」が一つのテーマになっていて、大人も子供も楽しめます。

 ラジオで学習していた夫も、テレビで見ていた私も、大変気に入っていたシリーズです。

 書籍はCDブックで発売されていたのですが、今は品切れになっている様子。CD2枚つきで、テレビ講座のテキストを書籍にした形で、本当に良い「ドイツ語文法の教科書」だったので残念だと思います。

NHK新ドイツ語入門―Mit Pipo Deutsch lernen! (CDブック)NHK新ドイツ語入門
―Mit Pipo Deutsch lernen!
(CDブック)

(2006/01)
相澤 啓一

商品詳細を見る


 「DVDがあったらいいのに」と思って調べていたら、なんと上記の本の作者、当時の「テレビ ドイツ語会話」の講師でもある相澤啓一先生が、インターネットのホームページでピポを公開してくださっているのを発見!!

  『Mit Pipo Deutsch lernen!新ドイツ語入門』は、全50課。
 動画はwmvファイルで、Windows Media Playerなどの動画ソフトで見ることができます。
私のWindowsでは、ホームページの第1課をクリックすると、Windows Media Playerが自動で起動して動画を見ることができました。
 アニメ部分だけでなく、相澤先生の文法解説もしっかり入っていて、それぞれの回(課)が5分ほどです。
 アニメにはドイツ語字幕も付いていて、画面を見ながら一緒に音読もできますよ。
 第1課は本当にゆっくり。次第にセリフのスピードも早くなっていきます。

<リンク>
NHK ドイツ語会話 Pipoの物語のビデオサイト
 ピポの動画(wmvファイル)のあるページです。
相澤啓一のホームページにようこそ
 相澤先生のホームページです。ピポ以外にもドイツ文学研究などの情報があります。

 キャラクターが可愛いので、お子さんと一緒にドイツ語を学び始めるのにも良いと思います。
(もちろん解説には漢字もあるので親と一緒でないとダメだとは思いますが、「親子で始めるドイツ語」にピッタリだと思います)
 なかなか子ども向けのドイツ語教材はないのが実情ですし、最近のNHK「テレビでドイツ語」は会話中心ですから「ドイツ語文法」を学ぶ教材としてもよいと思います。
 練習問題などがあるテキスト(前述の「CDブック NHK新ドイツ語入門」)もあると便利ですけれど、古本屋さんなどにあるといいですね。
 
ドイツ語の「v」の発音は、[/f/]?[/v/]?   
 ドイツ語をちゃんと学校で学ばなかった私。
 テレビのドイツ語講座と、本による学習ばかりだったので、正しいとは言えない思い込みも多いです。だから、ときどき不安になります。


・ドイツ語の「v [vau](ファオ)」は[/f/]の発音をする。
・ドイツ語の「v」でも、外来語(借用語)は[/v/]の発音をすることもある。

というのが、私の持っていた知識(私の持っているテキストに書いてあるルール)なのですが、「本当に[/v/]の音で発音するのは、全部外来語なの?」と、つい先日疑問に思ってしまいました。だって、けっこう[/v/]で始まる単語も多いんです。

 ドイツ語の辞書「独和大辞典」を持ってきて、「v」で始まる単語を見てみると……。
 すると、「ver」で始まる単語の多いこと!!
 (「ver」は[/f/]の発音で始まります)

 私の持っている『独和大辞典』では、「v」で始まる単語のページは2354~2473ページまでの119ページ。
 「ver」で始まる単語は2360ページから始まり、2432ページまでの72ページ。つまり、「v」で始まる単語の6割は「ver」で始まる単語のページで占められているわけです。
 ということは、6割近くが[/f/]の発音で始まる単語だということなんですね。
(※例外:「ver」で始まる単語でも「Veranda」ベランダのように[/v/]で始まる単語もあります)

 「ver」だけじゃなくて、「viel」「vier」「voll」「vor」と[/f/]の発音で始まる「前つづり」単語もあるので、実際「v」で始まる単語の多くが[/f/]の発音で始まるということには納得。

 でも、でも、「ver」「viel」「vier」「voll」「vor」で始まる「v」の単語を除いた場合、「v」で始まる単語には[/v/]の発音が結構多いんです。「あれ?これも[/v/]だぁ」と思うことがしばしば。
 たとえば、「va」から辞書を見てみると、[/f/]で始まる発音は本当にビックリするほど少ない!

 「え~??これが全部外来語なんて、おかしいでしょう?」と思って、夫に聞いてみたら……、

 「辞書に書いてあるでしょう?」って即答。
 「へ?」
 「ほら、単語の説明の下に語源が」と指差したのは……

『< lat.』『< mlat.』『< spätlat』『< engl.』『< fr.』『< span.』などなど。 
(上の略語は順に「ラテン語」「中期ラテン語」「後期ラテン語」「英語」「フランス語」「スペイン語」)
 例えば、「Veranda」は[port. - Hindi - engl.]、つまり「ポルトガル語からヒンディー語、英語を経てドイツ語になった」という語源の歴史を示しています。


 驚くほど、外来語・借用語が多いのですね。
※巻頭の語源のリストだけで『76言語』ありました!!
 それも、古い時代に入ってきているものも多いみたい……。

 「ああ、これって、日本語にとっての『昔中国から入ってきて日本語として定着した漢語』なのね!!」

 ドイツは日本よりも、ヨーロッパのように地続きで歴史的にも文化的にも混ざり合った地域ですから、言葉が混ざり合うのも当たり前。
 『外来語』というと、日本語にとっての『カタカナ語』をイメージしていましたが、違うんですね。
 長いヨーロッパの歴史の中で、ドイツ語として定着している(でも『固有語』ではない)言葉なんですね。
 日本語だって、たとえば、「天ぷら」とか「いくら」とか「明太子」とか、「日本語でしょう?」っていう外来語もありますものね。

 たとえば[/v/]と発音するのも、外来語を漢字で書いたりカタカナで書いたりすることと同じ、「固有語ではない」という記号なのだと感じました。

 とにもかくにも、「v」で始まる単語はしっかり辞書で発音記号を調べることをおススメします。ついでに語源も見てみて下さいね!
ドイツ語で あいさつ!   
 ドイツでは、見知らぬ人にでもあいさつすることがあります。
 スーパーでもレジの人にあいさつしますし、チーズ売場や肉売り場などでも「Hallo!」「Guten Tag!」が日本でいう「すみませ~ん」とか「ちょっと」みたいな感じ。なにも会話しなくても買い物が終わる日本とは、ちょっと違うところがあります。
 もちろん何もしゃべらない人もいるわけですが(笑)、「小さなお店でもまずあいさつをしたほうがいい」とドイツに行く前に聞いたので実践していました。
 もちろん学校の送り迎えやお散歩のときも、挨拶!あいさつ!
 と、いうわけで、おチビさん(当時1~2歳)も、簡単なあいさつは上手にできるようになったのでした。

 ドイツ語の挨拶では有名な「Guten Tag!」「Danke!」がありますが、スーパーなどで聞き耳をたてていても「その挨拶、どんな意味?」「ドイツ語のテキストにはなかったよ」なんてのもあります。地方によってはさまざまな方言もあるようなので、それは現地で学んだほうが良いようです。

 ドイツで「良いなぁ」と思ったのが、「素敵な一日を!」とか「素敵な週末を!」のような挨拶。
英語で言うと「Have a nice day!」のようなものですが、スーパーなどでも別れ際に普通に交わされる挨拶の一つです。
(店員さんが会計が終わった時に言ってくれることが多かったです。)
 そして、これに「あなたもね!」と返す挨拶があります。
 渡独してしばらくは、この親しげな挨拶をできるようになりたくて、スーパーでなんて言ってるのか必死で聞いたものでした。

 <<素敵な~を>>
昼過ぎまでは 「Shönen Tag noch!」 (ショェーネン ターク ノッホ) (今日もなお、素敵な日を!)
夕方からは 「Shönen Abend noch!」 (ショェーネン アーベント ノッホ) (夕方もなお、素敵な時間を!)
週末前(金曜日は)「Shönes Wochenende!」 (ショェーネス ヴォッヘンエンデ) (素敵な週末を!)
祝祭日前は「Shöne Feiertage!」 (ショェーネ フォイアーターゲ) (素敵な祝日を!)
休暇前には「Shönen Urlaub!」 (ショェーネン ウアラウプ) (素敵な休暇を!)

 同じように別れ際に言う言葉には、下記のようなものも。
「Alles Gute!」 (アレスグーテ) (お元気で!)
「Mach's gut!」 (マハスグートゥ) (元気でね!)
「Viel Spaß!」 (フィール シュパース) (楽しんできてね!)

 そして、上記のようなあいさつを受けたら、
 <<あなたも!ご同様に!>> 
「Danke」と一緒に言います。
「Danke, Greichfalls!」 (ダンケ、グライヒファルス)
「Danke, Ebenfalls!」 (ダンケ、エーベンファルス)
「Danke, Für Sie auch!」 (ダンケ、フューア ズィー アオホ)(目上の人、他人には「Sie」)
「Danke, Für dich auch!」 (ダンケ、フューア ディッヒ アオホ) (親しい人、子どもには「dich」)


 また、祝祭日には違ったあいさつがあります。
 <<祝祭日のあいさつ>> 
復活祭(イースター)には、
「Frohe Ostern!」 (フローエ オースタン)
クリスマスには、
「Frohe Weihnachten!」 (フローエ ヴァイナハテン)
(・Fröhliche Weihnachten! (フローエリッヒ ヴァイナハテン)
そして、クリスマスと新年を合わせて、※クリスマスカードにも書きます。
「Frohe Weihnachten und ein glückliches neues Jahr!」 (楽しいクリスマスと幸せな新年を!)
年末・大晦日には、
「Guten Rutsch (ins neue Jahr)!」(グーテン ルーチ) (無事年越しを!)
新年には、
「Viel Glück zum neuen Jahr!」(フィール グリュック ツム ノイエン ヤール) (新年おめでとう!)
「Gutes Neues!」(グーテス ノイエス) (明けましておめでとう!)
「Frohes neues Jahr!」(フローエス ノイエス ヤール) (明けましておめでとう!)
新年の乾杯のときは、
「Prosit Neujahr!」(プロウジット ノイヤール) (新年おめでとう!=新年に乾杯!)

 <<基本のあいさつ>>
「Guten Morgen!」 (グーテン モルゲン) おはよう
「Guten Tag!」 (グーテン ターク) こんにちは
「Guten Abend!」 (グーテン アーベント) こんばんは
「Gute Nacht!」 (グーテ ナハト) おやすみ

「Auf Wiedersehen!」 (アオフヴィーダーゼーエン) さようなら・いってらっしゃい
「Auf Wiederhöhen!」 (アオフヴィーダーホェーレン) さようなら(電話で)
「Tschüs!」 (チュース) じゃあね
「Bis bald!」 (ビスバルト) またすぐに!
「Bis morgen!」 (ビスモルゲン) また明日!
「Bis Montag!」 (ビスモンターク) また月曜日に!
「Bis später! (Bis nachher!)」 (ビスシュペーター) また後で!

「Danke!」 (ダンケ) ありがとう
「Danke schön」 (ダンケショェーン) ありがとう
「Danke sehr」 (ダンケゼーア) ありがとう
「Vielen Dank」 (フィーレンダンク) ありがとうございます

「Entschuldigung」 (エンシュルディグン) ごめんなさい・すみません

「Bitte!」・「Bitte sehr」 (ビッテ) どういたしまして


 渡独したばかりは周りも知らない人ばかりですが、挨拶をしていると「なんとなく知っている人」がどんどん増えます。
ちょっと勇気を出して、日本にいる時よりも挨拶をしてみるとドイツ滞在が楽しくなるかと思います。
 上記のカタカナ発音は参考までに……。現地で耳で聞いて真似してください!
ドイツ語電子辞書!   
 夫が電子辞書を買いました。
 カシオの新製品、「EX-word XD-GW7150」です。

 なんと、あの分厚くて重い(!)小学館の『独和大辞典』(収録数:約160,000語)が入ってるんです。
 紙の辞書の魅力も捨てがたいですけれど、発音をきくことができるというのがやっぱり便利ですね。

 もちろんドイツ語だけでなくて、英語の辞書も国語の辞書も、会話集やレシピもあるとか……。
 小さな小さな機械なのに、なんて賢いんでしょう!

 今の大学生は、重い辞書を抱えて大学へ行かなくてもすむんですね。
 辞書を何冊も抱えて通っていたのが懐かしくなります。
大阪府立大学ドイツ語Podcast   
 またまた夫が見つけてくれたドイツ語のPodcastです。

大阪府立大学ドイツ語講座『憶えておきたい100の表現』

 日本語とネイティブのドイツ語表現(ゆっくり&早い)が順番に出てくるので、テキストがなくても覚えられます。
 一つ一つが短い表現なので、子どもと一緒に聞いても、気軽に真似して発音してくれるのがイイ!!
 家事の最中に聞き流すのにも便利です。

 iPodに入れると、表示される曲のタイトル部分にテキストも表示されるので、「なんて言ってるのかな?」という確認も簡単です。

 大学の語学の授業もPodcastを使う時代なんですね。
 私が大学生の頃にもあったらよかったのに!
ドイツ語で電話!   
 夫がケルンに出張中。
 声が聞きたくなって、「ホテルに電話しよう!」と思ったのだけど、肝心のホテルの名前を聞いてないことが判明。
 分かっているのは「このあたりにある」という場所と、「1階でインターネットができる」という情報のみ。(笑)

 まずYahoo! Deutschlandに、「通りの名前」「Hotel」「Köln」と入力して検索。出てきたホテルのページを見て住所を調べ地図ページで確認して、やっとのことで「このホテルじゃないかしら?」という目星を付けました。

 さあ、いよいよ国際電話です。
 初めてドイツ語で電話!ドキドキ!
(今までは「Can you speak English?」と言って、英語で用件を済ませていたのです!)

 国際電話のかけ方は、
 国番号(ドイツは49)+市外局番(最初の「0」はとる)+電話番号

 ホテルのフロントの女性に、
Kann Ich Ihren japanisch Gast ○○ sprechen? 日本人の宿泊客の○○と話したいのですが……」と言うと、優しく「Ja.」と言ってすぐ部屋に取り次いでくれました。

Hallo!」と夫。つい私も「Hallo!」。
 彼もフロントからの電話(ドイツ語)かと身構えてしまったそうです。(笑)

 なんとかかんとか電話することができましたが、フロントの女性の言葉をちゃんと聞く余裕もなかったのが現実。次回の電話はもう少し緊張せずに話せるでしょうか?