家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツの本の背文字の向き   
 本棚を整理していたら、ドイツの本の背表紙の文字(背文字)の向きがほかの本と違うことに気が付きました。
 夫には、「え?知らなかったの?」と言われましたが、ドイツではあまり本屋さんも図書館も行かなかったからなぁ。

 表表紙は、横書き。
背表紙2

 そして、背表紙の文字は 「下から上に」。
 (背表紙を上にして横書き。)
背表紙1


 英語の本は、背文字が「上から下に」。
 (表表紙を上にして横書き)
背表紙3

 日本語の本は、多くが「縦書きで、上から下に」。
 なので、英独日の本を並べると、ついドイツ語の本だけ天と地が反対になってしまうことも……。
 皆さんは、やっぱり表表紙に合わせて書架に並べてらっしゃるでしょうか。


<参考>
「本」の部分の名称 - 府立中之島図書館
スポンサーサイト
フランクフルト空港とエレベーター   
 フランクフルト空港から、フランクフルト中央駅まで移動したときのこと。

 ターミナル1地下の都市近郊鉄道の駅へ行くためにエレベーターを探したのですが、全く見つからないのです。
 しかたなく案内所の人に聞くと「あら、そこにエスカレーターがあるわよ!」
(「それは見れば分かるのだけど」と心の中で毒づく私)

 しばらく見ていると、大きなスーツケースやベビーカーを押した人も次々とエスカレーターへ。
 なんと、空港用の荷物カートにいくつもスーツケースを載せた男性までも、エスカレーターで下へ。

 ・・・・・・いいんでしょうか?
 危なくないのでしょうか? 

 結局、荷物が多いので夫がホーム階との間を往復して荷物を運び電車へ。
 ホーム階にもエレベーターは見当たらず、それでも空港用荷物カートが放置されていたということは、やっぱり皆さんエスカレーターでこの大きなカートを下ろしたんでしょうか?
 疑問です。

 空港内にあるもう一つの駅「AIRail(エアーレイル)ターミナル」(ICEやICなどの長距離列車用の駅)には行かなかったので分かりませんが、エレベーターがあればきっと表示があるはずですよねぇ。

 空港内のエレベーターが、とても大きく便利だっただけに驚いた出来事でした。

フランクフルト空港(日本語ホームページ)


追記:夫に聞いたところ、「AIRail(エアーレイル)ターミナル」には、ちゃんとエレベーターがあるそうです。よかったぁ。
 
FREITAG???   
 街で「FREITAG」というロゴの入ったバッグを持っている人を見ました。前にも外国人観光客らしき人が持っているのを見たことがあったのですが、日本人が持っているのを見たのは初めて。

 調べてみたら、スイス・チューリッヒのバッグブランドなんだそうです。Freitagさんという兄弟が始めたブランドで、リサイクル素材を使っているため、どれも世界にたった一つのオリジナルバッグなんだそう。
 詳しくは……「What's FREITAG?」(日本語)

 「Freitag=金曜日」じゃなくて、名字だったんですねぇ。
 トラックの幌を使っているため、防水性が抜群で丈夫。ベルトやストラップは車のシートベルトだなんて、興味がわきます。
 

FREITAGのホームページ(英語)
 FREITAGのホームページ(日本語)
週休二日?   
 長男から「ドイツの学校って土日休み?」と質問。
 さて、どうなんでしょう?

 以前紹介しました「Germany for Kids」内のページ、『School Stuff』で時間割を発見。


 授業は月曜日から金曜日。つまり、週休二日ですね。
 ドイツでは職場も1970年代から完全週休二日制なんだとか。
 すごいなぁ。
ケルンの野球チーム ケルン・カージナルス   
 球春です!
我が家の息子たちは野球が好き。
キャッチボールが好き、高校野球が好き、阪神タイガースが好き。
もちろん野球観戦も好き。

 「ドイツの人って野球しないんだよね」と落ち込んでいたのですが、なんとケルンにも野球チームがあったんです。日本人選手もいるみたい!
 (これまた夫に教えてもらったのですが。)

  Cologne Cardinals

 「Cologne Cardinals ケルン・カージナルス」の「Cologne」はケルンの英語表記です。
(英語の発音はたぶん「コロウン・カージナルス」だと思うのですが、たしかに「Köln」って「ケルン」というおよりも「コルン」に近いような気がします。)

 ドイツ国内にもBaseball BL (Bundesliga)/ベースボール・ブンデスリーガというリーグがあって、試合もちゃんとあるようです!
 でも、ベースボール・ブンデスリーガの試合日程を見てみると、まるでサッカーみたい。日本のように3連戦がない!

 ドイツにいる間に一度試合を見に行きたいと思うのですが、行けるかな?

 ドイツ語で「野球」は 「der Baseball  デア ベースボール」
 外来語扱い(英語発音のまま)なんですね!
(「ボール」はドイツ語発音では「der ball デア バル」ですもの)

 <参考>
Cologne Cardinals
 ケルン・カージナルスの公式ホームページ。
Baseball BL (Bundesliga)(ドイツ語)
 ベースボール・ブンデスリーガの公式ホームページ
野球ブンデスリーガ-Wikipedia
Cologne Cardinals - Wikipedia(ドイツ語)

<追記>
 ケルンに住んでいる間に1度だけ野球観戦に行きました。
 どこか社会人野球や草野球のような懐かしい、アットホームな試合でした。日本人選手もいて、子どもたちは喜んでいました。
(※もちろん日本人選手がいないシーズンもあるようです。詳しくはチームのホームページをチェック!)
『Sommerzeit』サマータイムと時差   
 ドイツでは昨日からサマータイム(夏時間)が始まったようです。
 ヨーロッパのサマータイムは、3月の最終日曜日の午前2時に始まって、10月の最終日曜日の同じく午前2時に終わるそうです。
 サマータイムが始まる日には、前日までの「朝7時」が「朝8時」になっちゃうので、睡眠時間を1時間短くしないと同じ時間に起きられない!(笑)なかなか面白い制度です。
 そして、ドイツと日本の時差は8時間ですが、サマータイムの間は7時間になっています。
(あれれ??サマータイムって7ヶ月もある!
 1年間のうち、サマータイムの期間のほうが長いってことですよね。)


 このブログの中の「ドイツ時間」「日本時間」時計は、ClockLink.comのものですが、今日チェックしたら、きちんとサマータイムに変更されていました。
 夏にドイツに行ったら、10月の「サマータイム終了」で家中の時計を巻き戻すのを忘れないようにしなくっちゃ。

「夏時間・サマータイム = Sommerzeit ゾンマーツァイト(女性名詞)」
8月に入学式?   
 夫が「現地の小学校の入学式は8月だって」と言うのでビックリ。
 たしかに、学校休暇のページを見てみると、2007年のNordrhein-Westfalen州の夏休みは「21.06. - 03.08.」つまり「6月21日~8月3日」。2007年の新年度は8月スタートのようです。

 てっきり「欧米は9月スタート」だと思っていましたが、休暇が移動してしまうドイツでは時期がバラバラになるんですね!
 なんだかとっても不思議です。
飛行機と自転   
 日本-ドイツ間の飛行機は行きと帰りで所要時間がだいぶ違います。
 例えば、
関西空港発10:40>フランクフルト到着15:10(日本時間23:10)
 =12時間30分
フランクフルト発13:40>関西空港到着 翌日08:55 (ドイツ時間00:55)
 =11時間15分


 つい、この時間差を「ぐるぐる回る地球とその周りを飛ぶ飛行機」のイメージで考えてしまいました。
 自転で西に逃げていくドイツを追いかける飛行機と、自転で西へ近づいてくる日本へ向かって飛び込んでいく飛行機……。
 でも、これは間違いなんだそう。

 時間差の原因は、「偏西風(ジェット気流)」
 偏西風も自転の力(コリオリの力)の影響で起きることを考えると、自転も無関係ではないのですが!

 「風神に立ち向かってるドイツ行きの飛行機」と「風の精に後押しされている日本行きの飛行機」という感じでしょうか?!

<参考>
『<科学のつまみ食い>航空機の往復の時間の違いは地球の自転のせい?』
カーニバルはいつ?   
 キリスト教国は昨日までカーニバルKarnevalカルネヴァル)だったそうです。
 来年は私たちもカーニバルで盛り上がっているケルンにいるのだと思うと、ワクワクします。
(ケルンはドイツの中でも盛大なカーニバルで有名だといいますから!)

 驚いたことに、カーニバルの日程って毎年大きく変わるのです。
 カーニバルは「復活祭の40日前、断食の期間(四旬節)に入る前に行われる祭り・謝肉祭」ということで、復活祭の日付によって移動してしまうのです。
 復活祭(das Ostern)が「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と決まっているので、春分の日と満月の関係で1ヶ月近く移動するんですって!
(日本と違って、春分の日は3月21日に固定されてるというのもビックリ!)

メモ:
 復活祭の前40日間=「断食の期間(四旬節)」
 カーニバル=四旬節にはいる前のお祭り・謝肉祭
      (ラテン語のcarne vale「肉よ、さらば」に由来)


 で、計算してみました。
 今年の復活祭は4月8日で、40日前は……あれ?計算が合わない!
 んん?
 よく調べてみると、「復活祭から(日曜日を除いた)40日前」と書いてある!!

「カーニバルの後の最初の『水木金土』の4日間」

「その後の復活祭までの6週間から日曜日をひいた36日間
(7×6=42 42ー6=36)」
 =40日間


 なるほど。復活祭が日曜日だと、四旬節の初日が必ず水曜日(灰の水曜日!)になるんですね!

 ちなみに来年の復活祭は3月23日で、灰の水曜日は2月6日。
今年よりも2週間ほど早いカーニバルになりますね。

◆参考
 復活祭の日の計算方法(コンプトゥス) - Wikipedia
板間でハイハイ?   
 寝返りができるようになった娘を見て思う。
 ドイツの赤ちゃんって、板間でハイハイしてるのよね。
 もちろん、子供部屋にはカーペットが敷いてあるとしても、「後追い」するとしたら、どこでも追いかけて行っちゃうはず。

 「家の中でも靴」の生活は未知の世界。
 きっと日本風に「土足厳禁」にしてしまいそう。

 フローリング用のクイックルワイパーみたいな商品、ドイツにもあるかなぁ??


<追記>
 ドイツにもありました!しかも布製。
 タオルのような布をセットするので、板間もタイルのお風呂場にも使えます!