家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
外国人児童・生徒向けテキスト『たのしいがっこう』   
 子どもたちが学校で使う言葉をイラスト入りでまとめた、インターネットからダウンロードできる便利なテキストです。

 ◆外国人児童・生徒用日本語テキスト「たのしいがっこう」

 作成は東京都教育委員会
 
 日本に住む「外国語を母語とする児童」のためだけでなく、外国で生活する「日本語を母語とする児童」にも使えると思います。イラストも多いので、子ども向けの指さし会話帳(学校生活版)として活用できると感じました。
 英語版・スペイン語版・中国語版・韓国語版・ヒィリピノ語版・タイ語版・ポルトガル語版などなど、22言語に対応しています。

 残念なことにドイツ語版はないのですが、ドイツの学校の先生は英語が分かる人がほとんどなので、英語版を利用できると思います。
 英語の下にドイツ語を手書きで書いてもいいですね。
 日本にきているドイツ人の児童、保護者にも便利だと思います。(ドイツ人の保護者の方も英語が理解できる方がほとんどなので、英語版が役立つと思います!)

『たのしいがっこう』 目次
1 あいさつ と へんじ
2 からだの ちょうし
3 たのむとき たずねるとき
4 がっこうの いきかえり
5 なかよく あそぼう
6 もちもの
7 わたしの がっこう
8 がっこうの いちにち
9 じかんわり
10 がっこうの いちねん
◇ しりょう
    ・ことばのひょう(あいうえお)
    ・すうじ
    ・かずのくらい
    ・がくしゅうで つかう ことば
    ・せいかつで つかう ことば



<関連サイト>
◆外国人児童・生徒用日本語テキスト「たのしいがっこう」
 22言語のPDF形式テキストをダウンロードできるサイトです。
東京都教育委員会

※ダウンロードに関しては当ブログは責任を負いかねます。ご自分の目で確かめ、セキュリティ環境を整えたうえ、自己責任でお願いします。
※PDF形式のファイルをご覧いただくには、Adobe Readerをインストールする必要があります。
スポンサーサイト
女の子と「馬」   
 ドイツの女の子の学用品&おもちゃを見ていて、驚いたのは「馬」のデザインが多いこと。
 日本では、「馬」ってあまり身近な動物ではありませんし、女の子が特に好む動物というイメージはありませんが、ドイツでは違うようです。

 下の写真は息子たちが現地校で使っていた画用紙ばさみ(作品ホルダー)。
 どちらも馬の写真でした。
馬


 ユニコーンやペガサスだけでなく、普通の牧場を駆ける馬も、人気のあるデザインなんだそうで。

 たとえば、ランドセル(通学バッグ Schulranzen)のデザインも、各メーカーが「馬」デザインを作っています。
<参考>
schulranzen.com  各メーカーの通学バッグを紹介しているサイト


 そうそう、女の子が馬のお世話をしたり、乗馬を楽しむゲームもありました。
 それも、ニンテンドーDSのゲームです。続編もあって、さらにパソコン用やプレイステーション用のソフトもあるようです。このゲームだけでなくて、馬のお世話をするゲームだけで何種類もあるようです。
Abenteuer auf dem Reiterhof
Abenteuer auf dem Reiterhof - Nintendo

 このゲーム、日本では発売されてませんよねぇ?

 メルヘンでは王子様は馬に乗って登場しますし、『塔の上のラプンツェル』でも馬は大事なキャラクターですし、実際に馬を飼うことができるのはドイツでも一部の裕福な人でしょうから、やっぱり憧れがあるのかな?
小さな絵本 Pixibücherの絵本   
小さな絵本

 日本の子どもたちも知っている絵本『ぞうのエルマー』や『7匹の子ヤギ』。
この絵本、手のひらサイズなんです。なんと10センチ×10センチ。
 厚さは2ミリ~3ミリぐらい。とっても軽いので、5冊ぐらい持ち歩いても気にならないと思います。
 そして、値段もコンパクト、0,95€です。(2008年当時)

 旅行に行ったときに、駅の中の本屋さんで買ったのですが、紙も上質でしっかりしていて、日本語で読んだことがあるお話なので、子どもと一緒に電車の車内でも楽しめました。

 全部のページがカラーで、有名&面白いお話がたくさん。
 『白雪姫』『ラプンツェル』『ルンペンシュテルツフェン』、男の子が好きそうな乗り物や恐竜の本もあれば、可愛い動物やお姫様の絵本もいろいろあります。
 たくさん買っても、場所にも困らず、お財布も優しいのでいいですよね。
 こういう絵本、日本にもあるといいのになぁ。


<関連リンク>
Pixibücher - Gokid
 小さな絵本の出版社「Pixibücher」のホームページです。
ドイツのランドセル・通学バッグ Schulranzen   
 来春に向けて娘のランドセルの購入を考えているのですが、大きくてカラフルなドイツの通学バッグ「Schulranzen シュルランツェン」が懐かしくなりました。

scoutschulsets.jpg


 ドイツのランドセル・通学バッグは、日本のものよりもかなり大きくて、ガッチリしています。
 イラストもいろいろ、色もカラフル。お弁当も水筒も入る大容量です。
 日本でいうと、登山リュックに似ていますね。さすがに登山リュックよりはひとまわり小さいですが。

  ドイツは緯度が高く、冬の間は真っ暗な時間に登下校することもあるためか、通学バッグにも反射材がしっかり使用してあります。

 学校にはロッカーがないところもあるので、全体的に頑丈&底がしっかりしてます。
(息子たちの学校では、土足で歩く廊下の床に直置きでした。)
 バス停などで、道路に置いたカバンの上に座っている子も見ました。
 ※ヨーロッパでは、大きなバッグは「地面においてもいいもの=底は汚い」という意識があるようで、机や椅子の上にそのまま載せるのはマナー違反だそうです。


 上の写真のように同じデザインの筆箱やバッグ・傘などがそろっているメーカーもあって、お揃いで揃えることもできます。こういうセットは「Schulsets」と呼ばれているようです。

 日本の学校で、これを持っていったら目立ちすぎるかな?それでも、ちょっと心惹かれてしまいます。

<関連単語>
Ranzen (= Schulranzen) ランドセル
Schulmappe 学生カバン
Schulranzen (南部:Schulränzel) ランドセル
Schulrucksack 通学用リュックサック
Schultasche 通学カバン
Schultüte ソフトクリームのコーンのような三角錐の形をした入れ物。入学式に、いろいろな学用品などのプレゼントを入れてもらって持っていくようです。手作りもありますが、これもセットで売っていることもあるようです。

<関連リンク>
Schulranzen.com
 いろいろなメーカーの通学バッグを紹介しているページ。価格も表示されます!
4 YOU
 ドイツで中高生ぐらいの年齢の子が使っていました。
 ちょっと大人っぽいシンプルなリュックです。これは、大人でも使えそう!
McNeill
 ドイツサッカーチームのデザインなどもあります。サッカー好きな男の子はチェック!
Scout-Schulranzen
 一番よく見かけたメーカーです。上の写真もこのメーカーのもの。
Sammies Schulranzen
 刺繍があったり、ちょっと素敵です。各デザインをクリックすると、中や背面も見ることができる動画が表示されます。
『ドイツ 学用品の準備』 - 家族でドイツ!
 ドイツの現地校通学に必要そうなもののリスト・関連単語を載せてます。
ペダルなし自転車「Laufrad」 ラウフラート   
ラウフラート

 これは「Laufrad ラウフラート」。
幼児用のバランスバイクです。ペダルはなくて、足で地面を蹴って走って進みます。
(英語では「balance bike」)
 金属製のものと、木製のものがあります。 (これは金属製)
 同じ「ペダルなし」でも、「ブレーキなし」だけでなく、今はブレーキの付いているものもあるようです。
 あと、サドルやハンドルの高さを変えられるものと、変えられないものがあるので購入の時は注意してください。
 ここ数年で、日本でも「バランスバイク・ランニングバイク・トレーニングバイク」といって販売され始めました。日本でも手に入るのは、嬉しいですね。
 これでバランスが上手にとれるようになると、「いきなり補助輪なしで自転車に乗れる」とドイツ人のお母さんも言っていました。

laufen」は「走る・歩く」という意味。
 渡独したばかりの頃、2歳ぐらいのおチビさんがこれで走っていて驚かされました。

 写真の自転車は、娘の2歳の誕生日プレゼント。
 2歳のころは、またがってヨタヨタ歩いていましたが、3歳になるころにはスーッと走れるようになりました。

 走るのが上手になると、結構スピードが出るんです。
 上り坂でも、頑張って走って行きます。
大人がおいて行かれないように、気をつけましょう。スピードが出るようになったら危険です!

 もちろん、転んだときのためにもヘルメット(Kinder Fahrradhelm)が絶対必要です。
 ドイツでも日本でも幼児用ヘルメットが売っています。

 小さいお子さんは、必ず、公園などの車の入ってこないところで練習しましょう。
 公園の行き帰りは、親が専用の吊り下げひも(Tragegurt)を使って肩にぶら下げたり、親の自転車に乗せたり、ベビーカーにぶら下げたりして運ぶこともできます。
 結構軽いので、私も片手でひょいっと持って帰ってこれます。

 日本では「児童(6歳以上13歳未満)や幼児(6歳未満)が運転する場合」は歩道での自転車の走行が許可されていますが、ペダルなしの自転車は自転車ではなく玩具扱いなので、公道(歩道を含む)の走行は禁止されているようです。公道でなくても、けっこうスピードが出ますので、つねに歩行者や車道への飛び出しに気をつけなくてはいけません。
 子どもがサドルに座ってしまうと、高さがとても低いですから、運転者の死角に入ってしまう危険性も大きいです。横断歩道などでも注意が必要ですね!(ドイツの子供用自転車のように、運転者にも目立つよう、自転車用の三角の旗「Fahrradwimpel・Sicherheitswimpel」が必要かもしれません)

 娘は今5歳ですが、今も「Laufrad」がお気に入り。
 まだしばらくは、楽しめそうです。


 <追記・バランスバイクの注意点>
 まったく個人的な意見ですが、幼児が自転車に乗る場合、常に保護者が横をジョギングで並走して、いざという時に両手で子どもを止められるような態勢でいたいと思ってます。(自転車で並走するのは危険だと痛感しました)
 車が近くを走っている場合はもちろん(公園でも)とても危険ですし、ちょっとした坂道でも幼児はうまくスピードを調節できないので危ないです。日本では大人の自転車も要注意です。
 駐車場も、小さな自転車は死角に入ってしまうので、保護者の監督が必要です。

 土地が平らで、車などが入ってこない広い公園では、ほかの利用者や木や遊具などにぶつからないように気をつければ、ある程度自由に遊ばせられると思います。
 幼児の時期からルールも覚えさせて、快適で安全な自転車人生を送ってもらいたいものです。

ペダルなし自転車(ランニングバイク)の注意点
■ヘルメットを必ずかぶらせること
■公園などで走らせること
ペダルなし自転車は公道(歩道を含む)での使用が禁止されているようです。(取扱い説明書を確認してください!)
■坂道は走らせないこと
■保護者がすぐに止められるように、なるべくジョギングで並走すること
 ※走りやすい服装、スニーカーなどを心がける
■駐車場など、死角になりやすい場所に注意すること
■小さい子でも、被害者だけでなく加害者になる危険性についてきちんと説明しておくこと

<追記2014.07.08.>
ペダルなし二輪遊具による坂道の事故に注意-衝突や転倒により幼児がけがを負う事故が発生-(発表情報)国民生活センター


<参考リンク>
自転車 - ラインブリュッケ reinbrücke
 ドイツの自転車のルールについて詳しいです。子どもの自転車の乗り方についても、非常に参考になります!!
交通標識についても説明があります。
 ドイツの自転車道(自転車通行帯)は速いスピードで走ってくる自転車が多いですから、小さい子どもが走るのは禁止なんだそうです。8歳未満のお子さんは必ず歩道を走り、8歳から10歳までは歩道も自転車道(車道)も走ることができ、10歳からは自転車道(車道)を走るというルールのようです。(上記リンク「自転車 - ラインブリュッケ」参照)

Amazon.deのカテゴリー「Sport & Freizeit」から「Fahrrad & Zubehör」(Radsport)へ。
 このカテゴリーの中で、「Laufrad」「Kinder Fahrradhelm」「Fahrradwimpel・Sicherheitswimpel」を検索してみてください。
いろいろな自転車、自転車用品の価格など、参考になります。
 もちろん、買う時は実際に自転車にまたがらせて決めた方が良いと思います。(とくに子どもの場合!)
ドイツでハッピーセット(キッズメニュー)!   
 ドイツでもハンバーガー屋さんは子どもたちに人気です。
 大人も、注文方法などが分かりやすいのでドイツ語があまりできなくてもお店に入りやすいですし、味も想像がつくので利用しやすいんじゃないでしょうか。繁華街や、大型の洋服店の中に出店しているところもあって、我が家もドイツでファストフード店にときどき食べに行っていました。

 日本と同じように、子供用メニューにおもちゃがついてくるのも、うれしいですね。
Happy Meal
(写真:ドイツのマクドナルドとバーガーキングでもらったおもちゃ)

キッズメニューは「ハンバーガー(チーズバーガー)・ポテト・ドリンク・おもちゃ」のセットが基本でしょうか。
(サブウェイでは、サンドイッチとドリンクとクッキーと人形みたいですね)

 ただ、日本のマクドナルドでおなじみの『ハッピーセット』という名前ではないのですよね。
(「Happy Set」で通じると思っていたら、違ったので驚きました。)

 マクドナルドは「Happy Meal」
 バーガーキングは「King Box」
 サブウェイは「Kids' Pak」
 ※下線部はそれぞれのキッズメニューホームページ(ドイツ語)にリンクしています。

 まぁ、英語で「Kids' Meal キッズ ミール」と言えば、多くのところで通じると思います。
 テレビのCMでもやってますが、どんなおもちゃがもらえるかはホームページでチェックできますし、ホームページではアレルギー情報や栄養価も見ることができるので良いですね。

 おもちゃを忘れる店員さんもいますから、ちゃんと「Spielzeug bitte! おもちゃ下さい!」と主張しましょう!

そうそう、面白いのがポテト(ポムフリット)にマヨネーズやケチャップのパックを付けてくれること。
Mayo oder Ketchup? (Mit Mayo oder Mit Ketchup?)」と聞いてくれます。日本でもマヨネーズ付けてくれるといいのになぁ。


<関連単語>
Spielzeug(シュピールツォイク) おもちゃ
klein Sサイズ
mittel Mサイズ
gross(groß) Lサイズ
Nährwert 栄養価
Zutaten 添加物
Allergen アレルゲン・アレルギー抗原
Beilagen サイドメニュー
Pommes frites (ポムフリット) フライドポテト
Mayo (マヨ =Mayonaise) マヨネーズ
Ketchup ケチャップ

<関連ホームページ>
・マクドナルド McDonald's(ドイツ語)
・バーガーキング BURGER KING(ドイツ語)
・サブウェイ SUBWAY(ドイツ語)
 
 
ドイツ 学用品の準備   
学用品リスト
 <写真1>学用品リスト
ドイツ文房具
 <写真2>スティックのり・クレヨン・絵の具セット
弁当箱
 <写真3>お弁当箱・水筒

 ドイツの新年度開始は、だいたい8月の上旬から9月の上旬です。
地域によって、そして年によって開始時期がずれるような仕組みになっています。
(渡独した年は、8月の上旬にすでに新年度が始まっていて驚きました)

 年度の終わりは夏前(6月末から7月末)で、夏休みが始まります。そして、この休み中に新年度の準備をするわけです。

 お店でも新年度準備の商品が並び始める時期です。もちろん、デパートや文房具店では一年中学用品が手に入りますが、この時期はスーパーマーケットでもお手頃な商品が手に入ります。季節限定なんですね。

 上の写真は現地校で配られた学用品リスト「Materialliste」。
「コレは何?」という単語も並んでいます。たしかに、ドイツ語で文房具の名前なんて覚えてないものです。
そういう場合は、学校の近くにある文房具屋さんに行って、リストを見せて店員さんに揃えてもらうこともできます。(手際良く集めてくれます!)
日本にはないような文房具もあります。
 もちろん、amazon.deなどで単語を入力すると写真で商品が分かると思います!

 学年によって揃える学用品にも少し違いがあるようです。筆の太さだとか、万年筆だとか。
 それでも、簡単に手に入るものばかりなので、ご心配なく。

 そうそう、息子たちの通っていた学校では「Schuhkarton 靴箱」というのがリストにありましたが、これはいわゆる「お道具箱 Eigentumskasten」。教室内で自分の文房具などをしまうのに使います。
文房具屋さんよりも靴屋さんで「子どもの学校で使うんだけど……」と言って、空き箱をもらうほうがよさそうです。(もちろん、家にあればOK!)

<関連単語> (アルファベット順)
Beutel 袋・巾着袋
Blatt ページ数・枚数(「100 Blatt」100枚つづり)
Bleistift 鉛筆
Bleistiftspitzer 鉛筆けずり
Borstenpinsel 絵筆(剛毛製の)刷毛
Buntstift 色鉛筆
Butterbrotdose 弁当箱
(パンや果物用/汁が出るものには不向き)
Deckfarbe 絵の具
Deckfarbkasten 絵の具セット(「写真2」)
Deckweiß 白い絵の具
DIN ドイツ工業規格
(「DIN-A4-Format」 ドイツ工業規格の「A4判」サイズ)
Dosenspitzer 鉛筆削り
(削りカスが落ちないよう、小さな容器になっているもの)
Federkasten = Federmäppchen = Federmappe = Federtasche 筆箱
(ファスナー式で本のように開き、中にペンやインクカートリッジが差し込めるようなゴム付きの仕切りがあります。ドイツでよく見かける筆箱です!)
Filzstift = Filzschreiber フェルトペン
Folienstift ペン
Füller = Füllfeder = Füllfederhalter 万年筆
Gymnastikschläppchen 屋内用運動靴
Haarpinsel 毛筆
Hausschuhe 上履き
Heft ノート・帳面
Kinderschere 子ども用はさみ
Klebestift スティックのり
Lineal 定規
Lineatur 罫 
(「Lineatur 3」のように、ノートの罫線の幅について指定があることも)
Linkshändigkeit 左利き
(ハサミなど、利き腕用を用意します)
Malblock 自由画帳・お絵描き帳(剥ぎ取り式)
Mappe ファイル・バインダー・書類ばさみ・手提げかばん
Mäppchen 筆箱・小さなバッグ 
Patronenfüller カートリッジ式万年筆
Patrone(n) インクカートリッジ(万年筆)
(カートリッジ購入の際は、メーカー・サイズなどに注意)
Radiergummi 消しゴム
Ranzen (= Schulranzen) ランドセル
Rechenheft 算数ノート
Sammelmappe 書類ファイル・紙ばさみ
Schere はさみ
Schlampermäppchen 筆箱(ファスナー式で仕切りなどのないもの)
Schnellhefter ファイル・バインダー・書類ばさみ
Schreibheft ノート・帳面
Schreibmaterial 文房具
Schreibwarenhandlung 文房具店
Schulmappe 学生カバン
Schulranzen (南部:Schulränzel) ランドセル
Schulrucksack 通学用リュックサック
Schultasche 通学カバン
Spitzer 鉛筆削り
Tintenkiller (万年筆用)インク消し
Trinkflasche 水筒
Turnanzug 体操服
Turnbeutel 体操服用の袋
Turnhose 体育用のズボン
Turnsachen 体育用品
Turnschuhe 運動靴
Wachsmalstift クレヨン
wasserfest 耐水性の
wasserlöslich 水性の
Zeichenblock スケッチブック・画用紙つづり
Zeichenblockmappe 画用紙ホルダー(作品ファイル)

<関連記事>
『ドイツのランドセル・通学バッグ』 - 家族でドイツ!
ドイツで水泳   
 日本の学校で水泳学習が始まりました。

 そこで、思い出してみたのですが

「ドイツの学校では水泳の授業がなかった!!」
 それに、
「学校にプールもなかった!」

 私たちが通っていた学校は広い校庭(グラウンド)もなくて、サッカーをするのに近くの公園に行っていたぐらいで、プールを作るスペースもなかったはず。
 そして、何よりも「水泳学習に適した時期(7月・8月)は夏休み&新年度開始直後」ということで、学校のプールを利用する時間がなかったのではないかと思います。
 ただ、ドイツの学校には基本的な授業のほかに地域の団体と協力した課外活動・クラブ活動(AG)があって、そこでは水泳もあります。(ほかにも音楽や美術などの課外活動もあります)
 我が家は午後の課外授業までは参加させていなかったのですが、こうした活動に参加するとよいのかもしれません。

 学校にはプールがありませんでしたが、ドイツの人はプールが好きなようです。
 知人のお子さんは小学校に上がる頃には泳いでいましたし、学校以外のプールに家族で行っているようでした。
 一年中入ることができる屋内プール(Hallenbad)もありますし、夏季だけやっている大きなプールもあります。

 夏が近づけば、洋服店にちゃんと水着コーナーができますし、スポーツ洋品店では一年中売ってるはずです。
(プールでも水着販売コーナーがあるところもあります。タオル貸し出しのあるところも)
 我が家も子どもたちと夫が、知人と一緒にプールへ行っていました。
(水着はC&Aで買ったはず)

「更衣室が家族で入れる個室だった!」と驚いていました。たしかに、男女別よりも家族の個室の方がホッとしますね。

 ドイツ語の「Bad」は、「お風呂・プール・温泉・湯治場」という意味があって、スイミングプールだけでなくサウナやマッサージ・フィットネスなども含めた『健康増進施設』のようなところが多いように思います。
 観光地ではバーデンバーデンBaden Badenのカラカラ大浴場Caracara Thermeが有名ですね。


 短期渡独のお子さんは、ドイツの学校で水泳がないようでしたら家族でプールに行っておくといいかもしれません。
 ウォータースライダーなどがあるプールもありますし、家族で楽しめると思います。

<参考>
Schwimmen in Köln - Koeln.de
 ケルン市内の水泳のできる場所の情報があります。

<関連単語>
・水泳 das Schwimmen
・プールのある施設 Schwimmbecken・Badeanlage
・プール Schwimmbad
・屋内(室内)プール Hallenbad
・屋外プール Freibad
・水泳できる湖(海) Badesee
・水着 Badekostüm
・水着(女性用) Badeanzug
・水着(男性用) Badehose
・水泳帽 Badehaube・Badekappe・Bademütze
・泳ぐ(動詞) schwimmen
・水浴する(動詞) baden
・ウォータースライダー Looping-Wasser-Rutsche
ドイツで「誕生日」を祝う   
誕生日カード

 ドイツから帰ってきて、NHK教育テレビでディック・ブルーナさん原作のアニメーション「ミッフィーとおともだち」を見ていたら、誕生日のお話がありました。
 ミッフィーちゃんは、お母さんが焼いたケーキを持って学校へ行って、「お誕生日を祝う時間」にクラス全員にお祝いしてもらって、みんなで一緒に切り分けたケーキを食べて……というストーリー。
 日本では「?」と思うようなお話ですが、ドイツの学校と同じで驚きました。
 ディック・ブルーナさんはオランダの絵本作家ですから、ドイツと同じなのかもしれないですね。

 ドイツでは現地の学校へ通わせていたのですが、子どもたちが度々学校からお菓子を持って帰ってくるので、「このお菓子はどうしたの?」と聞くと、「○○くんのお誕生日なんだって」という返事。
 どうも、誕生日がくると、誕生日をお祝いしてもらう本人がクラスメートの数だけお菓子を用意して学校へ行き、誕生日の歌を歌ってもらって、みんなにお菓子を配るんだそうです。
(長めの休み時間=Frühstückspauseにお祝いすることが多いようです)
 学校によって違うとは思うので、先生に確認すべきだとは思いますが、子どもたちは楽しみにしているようでした。(事前に先生に相談して、人数などを確認しておくといいと思います!)

 お菓子は、クッキー、チョコレート、手作りのパウンドケーキ、HARIBOのグミの小袋などなど。紙ナプキン(Papierserviette)に載せて配られることが多かったようです。
紙ナプキン

 我が家も、HARIBOの小袋がたくさん入ったお買い得パックを買ってきて配りました。
ちょっと用意が面倒かもしれませんが、クラスメイト皆に祝ってもらえる習慣って本当に素敵だと思います。

 もちろん、家などでの「誕生日パーティー Geburtstagsfeier」というのもありました。
 お誕生日を迎える側は、手作りの招待状を用意して配り、当日は家を飾り付け、友達が来たらケーキやお菓子・アイスクリームなどを一緒に食べ、簡単なゲームをして、賑やかに楽しむというもの。とはいえ、あまり長時間ではありません。お昼過ぎの数時間といったところでしょうか。
 帰りにはお土産(お菓子など)を持たせてくれることもあります。
 招待される側は、誕生日カードとちょっとしたプレゼントを用意していきます。
 部屋の飾り(たとえば「HAPPY BIRTHDAY!!」という横断幕のようなリボンや、小さな旗など)はスーパーでも見かけましたし、ふわふわ浮かぶ風船を飾っている家もありました。(風船も中に入れるガスも手に入るようです。浮かぶ風船を売っているお店もありました)
 プレゼントは子どもらしいもので良いと思います。(たしか、我が家は折り紙と折り紙で作った飾り箱を持って行きました。)
 夏など、庭を飾り付けてバーベキューパーティーをするお宅もあるようです。


 NHKドイツ語講座(2004年?)で紹介されていたドイツの誕生日の風習で驚いたのが、「お祝いは誕生日の当日以降にする」「前日までは『おめでとう』を言ってはいけない」という縁起担ぎ(ジンクス)。
 「誕生日の食事会などは、本人が支払いをもつ(友人たちにおごる)」というのも面白いと思いました。
 日本とは違うので、注意が必要ですね!

<このブログ「家族でドイツ!」内の関連記事>
美味しい「冷凍ケーキ」
手作りチョコバー Schokoriegel
ケーキミックスで手作りケーキ


<誕生日の挨拶・決まり文句>(誕生日カードにも使えます)
Herzlichen Glückwunsch zum Geburtstag! 誕生日おめでとう!
Alles Gute für das neue Lebensjahr! 誕生日から始まる新しい一年、いいことがありますように!
Nachträglich alles Gute zum Geburtstag!
 Herzlichen Glückwunsch nachträglich zum Geburtstag!

 遅ればせながら、誕生日おめでとう!

<関連単語>
Geburtstag 誕生日
Geburtstagsfeier 誕生日パーティー
Geburtstagsgeschenk 誕生日プレゼント
Geburtstagskarte 誕生日カード
Geburtstagskind お誕生日を迎える人
Geburtstagstisch 誕生祝いの食事
Geburtstagskuchen 誕生日ケーキ(シンプルな焼いたままのケーキ)
(Geburtstagstorte) 誕生日ケーキ(デコレーションケーキ)
Papierserviette 紙ナプキン
Tortenspitzen (Spitzenpapier) ケーキの下に敷くレース紙
Geburtstagseinladung 誕生日パーティーの招待状
 (Einladung招待状・招待)
ドイツの子供番組   
 渡独したばかりのころ、子どもたちとの時間がとっても長く感じました。
 まだ学校の手続きは済んでおらず、住んでいるのはホテルの小さな一室……。
公園は近くにありましたが、小さい娘を連れてずっと公園にいるわけにもいかず。
 読書するにも、まだ日本からの荷物も届いていない状態です。

 そこで、ホテルの受付で「子供用のテレビチャンネルはありますか?」と聞いて教えてもらったのが、


KIKA - der Kinderkanal von ARD und ZDF
SUPER RTL


 この2つのチャンネル。ドイツの地上デジタル放送のチャンネルです。
 どちらも、いろんな番組を放送していますが、KIKAは、公共放送ですから日本の「教育テレビ」みたいな位置づけかもしれません。(KIKAを放送しているARDZDFは公共放送です)
SUPER RTLは、まるで「ディズニーチャンネル」なのかと思うぐらい、ディズニーのアニメやドラマも数多く放送しています。

 子どもたちは、ドイツ語の番組でも夢中になって見ていました。
 言葉はわからなくても、楽しめるものですね。
 同じ放送局で、同じ番組を何度も何度も繰り返し放送しているのにも、驚きました。一つのシリーズが終わったかと思うと、また最初の話に戻って放送が始まったりします。(笑)
  
 そのほかの民放でも、昼間に日本のアニメを放送しているところがあります。(チャンネルは「RTLII」など)
(「Pokémon (ポケットモンスター)」「Detektiv Conan (名探偵コナン)」「Naruto(NARUTO -ナルト-)」「Yu - Gi - Oh!(『遊☆戯☆王』)」「One Piece」などなど)
 そうそう、懐かしい「Heidi(アルプスの少女ハイジ)」や「Nils Holgersson(ニルスのふしぎな旅)」も、KIKAで放送してました。
これらは、ドイツでもおなじみのようです。(友人に聞くと、「ハイジは毎年放送してるかも」ですって!)

 私たちの滞在中には、スタジオジブリのアニメ映画を連続で放送していました。ドイツ語で見るのもなかなか面白かったです。
 
 子どもたちの気に入っていた番組といえば、日本の「つくってあそぼ」みたいな「Finger Tips」、体操のお兄さん?のようなヒーローが登場する「LAZY TOWN」など。(両方ともSUPER RTLで放送)
スポーツチャンネルEUROSPORTで見るサッカー中継も、男の子たちは楽しんでいたようです。

<関連リンク>
TOGGO - SUPER RTL
 SUPER RTLの子供向けサイト。テレビ番組と関連してるコーナーがたくさんあります。
Yahoo!TV DEUTSCHLAND
 ドイツの「Yahoo!テレビ」。
Fernsehprogramm テレビ番組表
 ドイツの「Yahoo!」のテレビ番組表
 もちろん、地上デジタルなのでテレビの情報ボタンで番組表を見ることもできます。
Serien - mypokit &kids
 RTL IIのアニメ番組を紹介するページ。日本のアニメがたくさんあります。「プリキュア (Pretty Cure)」や「犬夜叉」の紹介もありました。

<関連単語>
Trickserie アニメ番組
Trickfilm アニメ映画
Sitcom シチュエーションコメディ(1話完結のコメディドラマシリーズ)
Kinderkanal 子ども向けチャンネル
Kinderserie 子ども番組
Jugendserie 若者向け番組