家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
Frohe Weihnachten! ~ドイツの学校休暇~   
 明日から長男も冬休みです。
 ドイツではクリスマス休暇というものがあるようで、ドイツ連邦教育省のページで各州のFerienkalender(学校休暇カレンダー)のページを見つけました。(2010年の夏休みまで分かります!)

 長期休暇中の混雑を避けるために、各州ごとに学校休暇の日程をずらしてあるんだそうです。夏休みの時期も本当にバラバラ!

 さて、来年の年末はドイツで過ごすことになるので、この年末はゆっくり実家に帰省します!
 帰省中はブログもお休みしちゃいます。

 ではでは、
 Frohe Weihnachten und ein glückliches neues Jahr!


■リンク
Ferienkalender(学校休暇カレンダー)
スポンサーサイト
HausとWohnung   
 『家』を表す単語二つ。
「das Haus」と「die Wohnung」。

・「das Haus」は、「建物」=「一戸建ての家」。
・「die Wohnung」は、動詞「wohnen:住む」の名詞形。
  つまり、まさに 「住むところ」=「住居」。

 私たちの住むゲストハウスは、ドイツ語では「die Gästewohnung」。つまり、一戸建てでない、日本でいうところのマンション・アパートタイプの家だということですね。
駅はBahnhofでしょ!   
 子どもたちとバスに乗っていたら、「次は○○駅」と車内放送。

「えっと、駅はドイツ語でなんだっけ?」
「おかあさん、駅はBahnhofでしょ!」と長男。

 ……一瞬出てこなかったんだよぉ。

 すぐ子どもに追い越されるのは間違いないようです。
板間でハイハイ?   
 寝返りができるようになった娘を見て思う。
 ドイツの赤ちゃんって、板間でハイハイしてるのよね。
 もちろん、子供部屋にはカーペットが敷いてあるとしても、「後追い」するとしたら、どこでも追いかけて行っちゃうはず。

 「家の中でも靴」の生活は未知の世界。
 きっと日本風に「土足厳禁」にしてしまいそう。

 フローリング用のクイックルワイパーみたいな商品、ドイツにもあるかなぁ??


<追記>
 ドイツにもありました!しかも布製。
 タオルのような布をセットするので、板間もタイルのお風呂場にも使えます!
「ツヤのある唇」ダメなんです ~パスポート~   
 夫がパスポート申請に行ってくれました。
 書類は準備万端だったので、スムーズに申請できたそうです。とはいえ、5人分(!)なので、本人確認に時間がかかったようで……。
 ちなみに、子どもの本人確認には健康保険証と母子手帳。彼は3冊も母子手帳を持って行ったのでした。

 「君の写真、審査対象になったんだよ。」と言うのでビックリ。
 なんでも、
・眼鏡のふちが目(上瞼)と重なってるように見える。
・唇が光って見える。
 という2点でひっかかったんだそう。
 特に唇は、写真では問題なくてもパスポートにした時はもっと白っぽくなるので、唇にテープを貼ったように見えてしまうんだとか。
 審査は通過できたということだけれど、出来上がりがちょっと心配です。

 次回パスポート写真を撮る時は、
・あごをひいて、眼鏡のレンズの真ん中に目があるかチェック!
 (または、眼鏡なしで撮る!) 
・リップや口紅に気をつける。撮影前にティッシュでおさえる!

 でも、次は10年後なんですよね。(笑)
画数が多くて!   
 パスポートの申請書類を書きました。
 夫が自分の分を書いてくれたので、残る4人分(私と子ども3人の分)を書いたのですが、

   画数が多くて大変!!

 なんと現住所の漢字の画数が合計206画もあるんです。
 本籍の住所も101画。……かなり多いと思います。
 (数字も入れたらもっと多いデス。)

 サインも乳幼児は代筆ということで、次男と長女の分は私が書くことに。
子どもの名前の下に私の名前も書き「母代筆」と記入。(次男もひらがなは書けるのですが、枠の中に収まりきらないので!)
 なかなか緊張するものです。

 結構記入欄が多いものですね。住民票コードも初めて使いました。

 これで、あとは提出するのみ。
 少し楽しみです。 
ブログでウムラウト   
 ドイツ語には英語のアルファベットにない文字がいくつかあります。
 「ä」(アー・ウムラウト)、「ö」(オー・ウムラウト)、「ü」(ウー・ウムラウト)、「ß」(エスツェット)です。
 これらの文字は、パソコンのキーボードで打ち込むことができなかったり、ホームページでちゃんと表示されなかったりするということで、このブログを始めるにあたって、特殊文字をちゃんと表示させるためのコードを、夫に教えてもらいました。

 詳しくは、Wikipedia:特殊記号参照。

 いつでもコピー&ペーストで使えるように、パソコンのデスクトップ上にメモしちゃいました。これでドイツ語を書かない言い訳もできなくなったわけで……。(苦笑)
クリスマスパーティー(Weihnachtsfeier)に行ってきました   
 昨夜は、夫の通っているドイツ語学校のクリスマスパーティーに行ってきました。
 建物に入ったとたんにグリューヴァイン(Glühwein・甘くてスパイスの入ったホットワイン)の香り!

 キャンドルの灯りの中、受講生による演奏やクリスマスソングの出し物・福引き抽選もあり、楽しい時間を過ごしてきました。

 ドイツ語の受講生には音楽家の方も多いのでしょうね。ちょっとしたクリスマスコンサートのようでした。

 子どもたちは挨拶と自己紹介を覚えていったので、「ドイツ語を使った!」と喜んでいました。
 私は……「もっと勉強しないと!」と思ったひとときでした。
お家賃!   
 当たり前と言えば当たり前なのだけど、ドイツでの住まいにも「お家賃」が発生するわけで。……あはは、すっかり忘れてた。

 ドイツでの家賃は、広さを考えるとあんまり日本と変わらない金額。(今住んでいるところに比べると1.5倍ぐらい!)

 ただ、「共益費・暖房費・電気代・水道代など」込みの金額だそうです。そう考えると妥当な金額なのでしょうね。
ドイツ語学習歴   
 私のドイツ語学習は完全に独学。
 「いつかドイツに行くからね」という夫の言葉もあって、2003年の4月にNHKのドイツ語講座を見始めたのが最初です。
 2004年度も見て、2005年度は後半から悪阻が始まってしまって中断。今年度(2006年度)は前半だけ録画したものの、3人目の育児にドタバタしていて、ちゃんと見ることができていません。

 夫の昔の公文式(ドイツ語)のテキストの内容をノートに書き写したり、CDのついているドイツ語学習本を読んだり聞いたり……、まだ「ドイツ語に触れる」といった段階。

 はたして、ドイツに行くまでにどこまで身につけることができるやら。

 頑張ります!
おうち決定!?   
 夫がドイツでお世話になる大学の先生から「ゲストハウス(客員研究員用宿舎)を予約しました」とメールが届きました。

 そのゲストハウス(アパート)には、「2つベッドがある子供部屋、大人の寝室、居間、キッチン、お風呂」があるのですって。

 広さをみてビックリ。今住んでるアパートより広い!

 夏まではまだまだ時間があるけれど、早く決まっていると安心です。

 夫の職場にも歩いていけるし、小さな公園や日本食材が手に入るアジア系スーパーも近くにあるみたい!

 地図を見て、一人わくわくしてしまいました。
赤ちゃんのパスポート写真   
 パスポート用の写真を撮ってきました。
 渡航はまだまだ先ですが、夫のパスポートの更新に合わせて家族5人全員で申請することにしたのです。

 近所の小さな写真屋さんで撮影してくれるということで、子供3人を引き連れていってきました。
 まず次男、長男、私。そして、生後5ヶ月の娘!

 「首がすわってたら支えてくれれば撮れますよ」ということで、椅子の上に座らせ、横から両わきを支える感じで撮影。
 フラッシュにビックリしながらもなんとか撮影できました。
(首の座ってない赤ちゃんでも、無背景のところに寝かして真上から撮れば大丈夫だそうですよ!)

 デジタル撮影なので、3枚の写真から1枚選択して印刷してもらい無事完了。
 思ったよりも簡単に済んで一安心でした。

 でも、一人2枚で900円。
 この残りの一枚って、ずっと使わないんだろうなぁ。
ブログ始めました&初めまして   
 夫の仕事の関係で、来年(2007年)夏から1年間、ドイツで暮らすことになりました。前々から「いつかドイツへ行くよ」と言われていたのに、いざ決まってみると大慌て。

 ドイツ語のこと、子どもの学校のこと、ドイツでの生活のこと……。

 ブログに書きながら少しずつ準備を進めていきたいと思います。
 そして、記録に残したことが後から役立つと良いのですけれど。


<追記>
 この記事への迷惑コメントが増えてしまったので、「コメントを受け付けない」設定に変更しました。(2008年2月追記)