家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
<自己紹介・家族紹介>   
 簡単に自己紹介と家族紹介いたします。
     ※年齢など、渡独時(2007年)のものです。

~ 私 ~
 30代のフルタイム・マザー。
 ドイツ語で言ったら die Hausfrau かな?
<趣味>
 読書・文を書くこと・ お料理。
<好きな言葉>
「今日は新しいいい日。''まだ'' 失敗の無い。」(『赤毛のアン』)
「家庭の幸福があらゆる野心の到達点である」(サミュエル・ジョンソン)


スポンサーサイト
パスポートできました!   
 先日パスポートを受け取りに行ってきました。
 予想より写真も悪くなくて「あら、これなら10年使ってもいいわ」なんて自己満足。(笑)

 今回のパスポートは、新しい「ICパスポート」ということで、古いパスポートと比べて分厚くなっていてビックリ。
 受け渡しの際に、「ICチップの中のデータを確認する」という手続きもあって、なんだか新鮮でした。

 次男と長女の分は、受け取り書類の署名も代筆。
 「氏名と本籍のある都道府県名と生年月日をお願いします」と言われて、簡単なことなのに言い間違えそうで緊張しました。お役所慣れしてないからかしら?

 大人用の赤いパスポートが2つ、子供用の紺色のパスポートが3つ。
 これを使う日のことを考えるとドキドキです。
紙のハンカチ?   
 ティッシュペーパーはドイツ語で das Papiertaschentuch
 ハンカチは das Taschentuch です。
die Tasche がバッグやポケットという意味で、das Tuch は布。いろんな言葉がつながってできてるんですね!)

 つまりティッシュペーパーは「紙ハンカチ」。
 大学に通っていたころ、外国人講師の先生がハンカチで鼻をかむのを見て驚いたことがありますが、おかしなことではないと知りつつも、自分でやるのは抵抗が大きいです!

 家族のほとんどが花粉症の我が家では、ティッシュは必需品。
 ドイツでもやっぱりお世話になるんでしょうね。

<追記>
 布製のハンカチはdas Stofftaschentuchと言うそうです。das Taschentuchだけだと、ティッシュを意味することもあるようで……。
 それにしても、こちらのティッシュは1つのパックに「4枚重ね×10組 4-lagig,10stück」!
 日本のものより紙がしっかりしているので、「一度使ってポイ」としづらいティッシュです。
おすすめブログ『ドイツ語で話そう! ドイツーケルンからこんにちは』   
 今回は私のお気に入りブログをご紹介。
 ケルン生活の先輩shikao_mさんのブログ、
『ドイツ語で話そう! ドイツーケルンからこんにちは』です。

 分かりやすい文章に加えて素敵な写真がいっぱいあって、「そうそう!こういう情報が欲しかったの!」「こういう写真が見たかったの!」と毎回感激しながら読ませていただいています。
 買い物などの生活情報あり、季節の行事やお出かけ情報あり、ケルンに住む予定の私にうれしい、まさに「生きた『ケルン生活ガイド』」です。

 ブログの過去記事を読み進むうちに分かってきたことですが、
・配偶者の職業が同じ!
・共通の知人がいた!
・ケルンでの生活圏が同じ地域!
 と、うれしい偶然。

 たまたまインターネットで「ケルン ゲストハウス」とキーワード検索していたときの出会い! 不思議な『縁』を感じます。
 インターネット&ブログに感謝・感謝です。
『ケルン大聖堂の見える街』   
 ケルンについて知りたくて、図書館で本を借りてきました。

『ケルン大聖堂の見える街―ドイツ、ライン河畔の散歩道で』
 著者:小林 英起子・出版社: ブッキング

 ケルンのこと、ドイツと日本の文化・生活の違い、ドイツ人の暮らしぶりなどについて書かれています。

 ただ……、私のような「ケルンに住む予定のある主婦」の知りたいような情報は予想外に少なくて残念!
 写真を多用しているような生活情報エッセイを期待していた私が欲張りだったんですけれど。

 海外の情報を得るって、なかなか難しいものですね。
行き先はKöln(ケルン)!   
 ドイツの中でも、私たちが住む予定なのはドイツの中西部「ケルン」。
 旧首都であるボンや、日本人が多く住む州都デュッセルドルフからも近いケルンは、「大聖堂」と「カーニバル」「オーデコロン(ケルンの水)」で有名な都市。芸術・文化・学術都市でもあり、ドイツのメディアの中心地でもあるそうです。
 
 Köln(ケルン)の「ö」は「オ」の口の形で「エ」と発音するのですが、私はまだ頭で考えないと発音できない!住む場所の名前も自然に発音できないなんて、先が思いやられます。行けば何とかなる??


 Wir fahren nach Köln.(私たちはケルンに行きます。)
「来年の夏」から「今年の夏」へ   
  あけましておめでとうございます。

 年も明け、いよいよドイツへの出発が「来年の夏」から「今年の夏」になりました。
 ドイツに着いた時に後悔しないですむように、毎日コツコツ頑張っていこうと思います。

 今年の目標は、
「ドイツ語で日常生活ができるようになる!」

 ここ数年で一番、明確かつ具体的な年始の目標です。(笑)
 頑張るぞ~!