家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
フランクフルト空港とエレベーター   
 フランクフルト空港から、フランクフルト中央駅まで移動したときのこと。

 ターミナル1地下の都市近郊鉄道の駅へ行くためにエレベーターを探したのですが、全く見つからないのです。
 しかたなく案内所の人に聞くと「あら、そこにエスカレーターがあるわよ!」
(「それは見れば分かるのだけど」と心の中で毒づく私)

 しばらく見ていると、大きなスーツケースやベビーカーを押した人も次々とエスカレーターへ。
 なんと、空港用の荷物カートにいくつもスーツケースを載せた男性までも、エスカレーターで下へ。

 ・・・・・・いいんでしょうか?
 危なくないのでしょうか? 

 結局、荷物が多いので夫がホーム階との間を往復して荷物を運び電車へ。
 ホーム階にもエレベーターは見当たらず、それでも空港用荷物カートが放置されていたということは、やっぱり皆さんエスカレーターでこの大きなカートを下ろしたんでしょうか?
 疑問です。

 空港内にあるもう一つの駅「AIRail(エアーレイル)ターミナル」(ICEやICなどの長距離列車用の駅)には行かなかったので分かりませんが、エレベーターがあればきっと表示があるはずですよねぇ。

 空港内のエレベーターが、とても大きく便利だっただけに驚いた出来事でした。

フランクフルト空港(日本語ホームページ)


追記:夫に聞いたところ、「AIRail(エアーレイル)ターミナル」には、ちゃんとエレベーターがあるそうです。よかったぁ。
 
スポンサーサイト
子どもと『夏時間終了』   
 昨日の未明、夏時間が終わりました。
 午前3時に時計を午前2時に戻す・・・・・・、といってもその時間は眠っていたので、朝起きてから時計を1時間巻き戻したのですが。

 いざ時間を変えようとすると時計が多くてびっくり。
 壁掛け時計や目覚まし時計・腕時計はもちろん、携帯電話やラジオの時刻も変えるのですから。

 それにしても、朝の時間が標準時間に戻ったことで、子どもの朝の通学時間が明るくなったのがいちばん嬉しかったです。先週までは午前8時ごろまで暗かったので、出かける時間は真っ暗。といっても、日の出はどんどん早くなってしまうので、すぐにまた暗い時間に通学することになるのですけれど。

 余談ですが、今朝は娘がいつもよりも1時間ぐらい早起きでした。彼女の中では、まだ夏時間なのかもしれません。(笑)


『サマータイムと時差』
ドイツ行き飛行機搭乗記   
 子ども3人を連れて、ドイツ行きの飛行機に乗った搭乗記です。
(だいぶ記憶も飛んでますが・・・・・・)

■空港でのこと(搭乗手続き)
 まず、航空会社のカウンターでチェックイン。
 なぜか団体客用のカウンターで受け付けてくれたので、ほとんど並ばずにすみました。ただし、5人分だったので(?)時間がかかりました。
 手荷物検査と出国審査・搭乗口では少し並びましたが、早め早めに行動していたので、子どもがぐずるほど長く並ばずにすみました。

 重量オーバー(たぶん)のスーツケースも無事預けることができました。でも、追加料金が発生する場合もあるようですから、帰国時はしっかり気をつけなくては!(今回ほどの大荷物にはならないと思いますし、ちょっと気が楽です。)
 手荷物検査では、幼児用のストローマグ(密閉ビニール袋に入れたもの)は別のかごに入れて通してもらい、中身を捨てずにすみました。ほかの液体は全て捨ててしまったので手荷物検査後に売店でお茶を人数分購入しました。(飲みたいときに自分の席で飲めるのがよかったです。とくに離陸前は飲み物が出ないので・・・・・・。)

■離陸まで(赤ちゃんのシートベルトは?)
 飛行機に乗ってからは、離陸時間がかなり予定を過ぎ、子どもたちは退屈。シートベルトをしているので、立ってあやすこともできず、ちょっと大変でした。
 離陸してすぐもシートベルトは着用のまま。離陸時に泣くことはなかったのですが、動き回りたい娘はジタバタしていました。
 娘のシートベルトは『スリング』。シートベルトをした私の体にスリングで娘を固定。このスリングが機内では大活躍でした!!寝かしつけるのも、立ってあやすのも、便利便利。
 小さくたたんで荷物に入れておけますし、赤ちゃん連れの方には本当におススメです。

空港「前泊&下見」で安心   
 ドイツへ来て2ヶ月もたってしまったので、ドイツへ来たころの記憶が薄れ始めています。
 忘れないうちに記事にしたいと思います。


 今回は、飛行機に乗る前日。
 家を出た日のことです。

 前もって作っておいた「『当日すること』チェックリスト」を見ながら、朝からいろいろと準備。
 いよいよ午後から、国際空港そばにあるホテルに泊まるため、たくさんの荷物を持って移動です。

 大きなスーツケース2つ。
 書類やパソコンの入ったボストンバッグ1つ。
 スーツ用バッグ1つ。
 大きなリュックサック1つ。
 子どもの通学用かばん2つ。
 赤ちゃん用品の入った大きいショルダーバッグ1つ。

 ・・・・・・。
 今思うと、どうやって運んだのか理解に苦しむぐらいの大荷物。それでも、子ども連れで2週間ホテル住まいをするためには、必要なものばかり。検討に検討を重ねて、やっとこの量まで減らしたのでした。


 それにしても、夫以外は関空に行くのすら初めて。
 夫だけでも慣れていてくれてよかった!!

 空港の駅についてすぐ、ホテルにチェックイン。
 4つベッドのある部屋を予約したからか、予想以上に贅沢な部屋でびっくり。窓からは飛行機の発着も見えて、子どもたちも大喜び。

 少しゆっくりしてから、ホテル内のレストランで食事をして、空港を下見しました。

「明日はここから並ぶんだよ」
「明日は昼間だから、もっと人がいるからね」

 そんな会話をしながら、夜の空港内を散歩。
 「ホテルを出るとすぐ空港」って、便利なものですね!


 下見も前泊(前日宿泊)もほんのちょっとしたことですが、やっぱり安心です。
 小さい子どもがいると、予定通りに事が進まないのが常。
「心の準備」と「余裕のあるスケジュール」が本当に大切だと痛感しました。


 それにしても、出発当日まで誰も体調を崩さなかったのが良かった!!
 元気じゃないと、移動って大変ですものね。
ブログタイトル変更しました   
 ドイツ生活もいよいよ本番ということで、ブログタイトルを「家族でドイツ!準備室」から「家族でドイツ!”Viel Spaß!!”」に変更しました。

 「Viel Spaß! (=Viel Spass!)」の意味は、

viel」=「たくさんの」
Spaß」=「楽しみ」

 これからお出かけする人などに「楽しんできてね~!」という挨拶で使うようです。
 発音は「フィール シュパース」という感じ。

 「ドイツでいっぱい楽しいことがありますように!」という気持ちをこめて、サブタイトルにしてみました。

 タイトルに負けないように、楽しい記事がたくさん書けますように!(笑)
ブログ再開です!   
 ドイツへ来て2ヶ月。

 本日、やっと電話&インターネットがつながりました!!

 ブログどころかメールも見ていなかったので、大量の受信メールと迷惑メールをチェックするのに時間がかかりそうです。(コメント&メールのお返事、もうしばらくお待ちください!)


 ブログタイトルも「準備室」からどう変えようか検討中。

 また、よろしくお願いしまーす。