家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
衣替えのない国   
 渡独前から「ドイツでは衣替えをしない」と聞いていたのだけど、春夏秋冬を経験してみて納得。

 夏でも寒い日は寒いのです。
(「涼しい」でなくて「寒い」がぴったり。昨日は買い物のとき、気温が17度でした。)
 先月も雨続きで寒い日が多くて、私はカーディガンや春物のジャケットを着て出かけていました。
街を歩いていてもセーターやレザージャケットの人があちこちに。
日本の夏では考えられないフリースの長袖も、真夏だというのに普通です。
 渡独直後(昨年8月)も本当に寒い日が多くて、「秋冬物の入った船便が早く届かないかしら!」と思ったものでした。

 それでも、冬の室内は本当に快適で、室内では夏物のTシャツなどで過ごしている人も。
 日本人からしてみると、「夏に冬物、冬に夏物」と感じますが、「暑いところでは涼しい服、寒ければ温かい服」と考えれば合理的です。

 夏にドイツへ来られる方は『寒さ対策』をお忘れなく!
スポンサーサイト
眠る前の習慣   
 前回、「海外でも睡眠が大切」と書きましたが、幼児は場所が変わると不安や興奮から、なかなか眠れなくなるようです。

 我が家の娘もドイツに来た当初、眠る時間が安定せずにいました。
 そこで、気をつけたのが「入眠儀式」です。
 「入眠儀式」というのは、「毎晩眠る前に同じ行動をすること」なのですが、
気をつけるようにしたらすぐ、夜8時にはベッドに入る習慣に戻りました。

 娘の「入眠儀式」は、
・『ねんねグッズ』(お気に入りの絵本とぬいぐるみ)を居間からベッドに運ぶこと
・パパとお兄ちゃんたちに、おやすみのバイバイをすること
・パジャマを着ること
・絵本を読むこと
・電気を自分で消すこと



 しかし、我が家も先日大失敗してしまいました。
 旅行先のホテルに『ねんねグッズ』を持っていかなかったため、娘が寝る前にメソメソしたり怒ったり。
 一生懸命にぬいぐるみなどを探しているので可哀想になってしまいました。部屋の電気をお兄ちゃんが消してしまったのも、失敗!

 もうすぐ帰国。
 きっと日本の家も彼女にとっては「知らない場所」でしょうから、『ねんねグッズ』は手荷物で持って帰ろうと思います。

<参考リンク>
・「入眠儀式」でスヤスヤ - 赤ちゃんABC