家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツのレシート   
ドイツのスーパーのレシート「Kassen-Bon」です。
レシート1

 初めてドイツで買い物をした時、レシートが分からない単語ばかりで戸惑ったことを思い出します。
 「これって、どんな意味?」「このマイナスは何??」「どうしてこの金額になってるの?」と、帰宅後辞書を調べたりすることもしばしば。

 ここでレシートによく出てくる単語を紹介します。
(私は日本から持参した家計簿の一番初めのページに、これらの単語をメモしてました)

Summe(Total) 合計
ZW-SUMME(ZWS) 小計(=Zwischen-Summe
Bar(Bargeld)現金
Gegeben Bar 預かり金
Rückgeld (=Zurück)おつり
Positionen(=Bed-Nr.)レジ番号
Pfand(Pfandflasche)プファント容器の料金※
Leergut 空き容器(=プファント容器の料金)※ 
※プファントは瓶・缶などの保証金・デポジット(お店に容器を返せば、返金されます)
 詳しくは、「Pfand プファント - リサイクルを楽しもう(1)」
Leergut Einweg(Einwegflasche) そのままの形でリユース(再利用)されない容器
Mehrwegflasche リユースできるリターナブル容器
LEERGUT MINUS 返還した容器代分の値引き(金額がマイナスで表記されます)
ANZ.ARTIKEL 品数
MwSt. 付加価値税(=Mehrwertsteuerメーアヴェーアト・シュトイアーの略)
Umsatzsteuer=USt. 売上税
Bon(Kassen-Bon)レシート(容器代の返金レシートもBon・クーポンなどもBon
Es bediente Sie:~ あなたの応対(レジ)を担当したのは~です
Steuer(die Steuer)税金
Brutto(=btto.) 税込みで
Netto 税抜きで(正味)
MIWA. ミネラルウォーター(これは、レシートでしか見たことがない略語です)
Steuer - Nr.(Ust.Ident.) 納税番号
mehrwertsteuerbefreit 免税

レシート2

 レシートの金額の横にAとかBとか、記号が書いてある場合はその商品の付加価値税の種別を表しています。
付加価値税は日本でいう消費税。日常生活の必需品は7%、それ以外には19%の税金が課せられています。
(牛乳は7%ですけど、ミネラルウォーターは19%だったり。だいたい基本的な食材は7%でした。)
上の写真のレシートでは記号Aが7%、記号Bが19%の課税になっています。下の写真のレシートを見ると、「19」とそのまま数字が書いてあるものも。
 付加価値税は内税なので、支払いは売り場で見た値段表示の合計になります。(日本と同じですね)

レシートにはお店の名前、営業時間や住所・電話番号も書いてあります。
 一度じっくり見てみると面白いと思います。

<リンク>
付加価値税は引き上げられるのか - ドイツニュースダイジェスト
ドイツの付加価値税・売上税について詳しいです。
スポンサーサイト
手作りチョコバー Schokoriegel   
チョコバー
 今頃ドイツはカーニバルで盛り上がってるのでしょうか。

 さて、明日はバレンタインデーですが、ドイツでは男性が女性に花を贈るのが一般的だとか。欧米諸国では「パートナーに贈り物をする日」なのだそうですから、日本特有の「バレンタインチョコで女性から愛の告白」という習慣は奇妙に見えるでしょうね。

 日本人の知り合いの多い方などは、ドイツでも義理チョコをプレゼントしたりするのかな?私も夫と息子たちにはプレゼントしましたが……。

 今回紹介するのは、非常に簡単なチョコバー「Schokoriegel ショコリーゲル」の作り方。
 ドイツの学校から「イベントがありますので、手作りのお菓子などを持参して下さい」という通知が来た時や、「持ち寄りでティーパーティーをしましょう」という時などにも便利なレシピです。多人数の分でも、一度に作れるところがオススメ!
※「Schokoriegel」の「Schoko」は「チョコレート=Schokolade」、「Riegel」は「かんぬき=棒状のもの」。


『手作りチョコバー Schokoriegel
(7センチ×3センチ×厚さ2センチのチョコバー24本分)

<下準備>
 オーブン皿などの平らな容器の上に、オーブンシートで型(21センチ×24センチの型)を作っておく。(オーブンシートの四辺を4センチほど折り曲げて、四隅をホチキスで留めると簡単です)
 ※オーブンシート=Backpapier

<材料>
・無塩バター 60グラム 
・チョコレート 120グラム
・マシュマロ 80グラム
・お好みのシリアル・ナッツ・ドライフルーツ 合わせて2カップぐらい
                  (だいたい150グラム)
チョコバー材料

 ※ドイツのバターは無塩バターが多いです。
 ※チョコレートは製菓用チョコ(=couverture) でも、板チョコでも。板チョコだと2枚ぐらい。
 ※マシュマロはシンプルな白いマシュマロがオススメ。
  バーベキュー用に大袋で売ってます。
 ※ナッツ類は刻んであるものが便利。


<作り方>
(1)チョコレートとマシュマロを小さく刻む。シリアルやドライフルーツもお好みで小さく刻んだりつぶしたりしてもよい。
(2)フライパンにバターを入れ、弱火で温め溶かす。(ここで火を止める)
(3)火を止めたフライパンに刻んだマシュマロを入れて溶かす。※
(4)マシュマロが溶けたところに刻んだチョコレートを入れ、溶かす。
(5)シリアルやナッツを入れて混ぜ、型に入れる。
(6)冷蔵庫で1時間ほど冷やし、好きなサイズに切る。
 箱に入れてプレゼントしたり、オーブンシートで巻いてシールやリボンで飾り付けしても可愛いです。

※寒い日などマシュマロが溶けにくい時は、再び弱火にかけてマシュマロが半分溶けたところで火を止めます。(あとは余熱で溶けます)

 2.5倍の量(26センチ×39センチのオーブン皿用)に増やして作ってみましたが、それでも簡単。
 ドイツのスーパーはシリアルや製菓用の材料が本当に充実しているので、いろいろな組み合わせでチョコバーが作れます。

<オススメ材料>
・小さい子に食べやすいのは、お米のポン菓子(=Puffreis)を入れたチョコバー。小さく切ったマシュマロを入れても。(チョコレートを溶かした後に入れれば、マシュマロも溶けません)
・シリアルコーナーにあるドライフルーツ入りのグラノーラ(Muesli/Müsli)はいろいろな素材が入っていて、便利!!これだけでもOK!(ココナッツやカボチャの種、クランベリーなども入ってます!)
・刻んだクルミ(Walnüsse)やアーモンド(Mandel)も美味しいですが、ヘーゼルナッツ(Haselnuss)やマカダミアナッツ(Macadamianüsse)も美味しいです。
・大人向けには絶対ビターチョコレート。チョコが溶けた時点でブランデーやコアントローなどの洋酒を少し(大さじ1ぐらい)。ラムレーズン(=Rumrosinen)やオレンジピール(=das Orangeat)を入れるとぐーんと大人な味になります。

<参考>
バレンタインデー - Wikipedia
Müsli - Wikipedia
ドイツで「たまご」   
たまご
 「たまご」と言えば、基本食材。
 ドイツでも毎日のように、オムレツや目玉焼き・ゆで卵で食べていました。
 値段は、安いお店では1パック(10個)1ユーロ前後からありました。(2007~2008年当時)

 しかし、売り方が日本ほど丁寧ではなくてビックリ。
 日本のようなプラスティックパックよりも、紙でできたパックが多かったのですが、中を見ずに買うと割れている卵が何個もあってガッカリ!そんなことが2回ほど続いてからは、ほかのお客さんの真似をして、お店の売り場で堂々と中身をチェックするようになりました。(もちろん、簡単に開け閉めできるパックなのですよ。簡単に開けられないようなパックでしたら、下から覗いて「紙パックが湿ってないか」「パックの色が変わっていないか」をチェック!)
 スーパーによっては、紙パックに自分で詰めるお店もあります。こういう場合も一つ一つ「ヒビは入ってないか」チェックしてから買うと良いと思います。

 同じ卵売り場には、とってもカラフルな色付き卵も売っています。これは「ゆで卵」。
 イースターの時期でなくても、一見ビックリするような原色の卵が売っています。
かたゆで卵なのですが、殻を剥いてもところどころ色がついています。着色料が気になる方は、BIOショップの色付き卵はどうでしょう?自然からとった安全な染料(Natürliche Farbstoffe)で色づけをしているのだそうです。

 パックには賞味期限も書いてあります。これも、チェックして買いましょう。
(生食の賞味期限についても、書いてあったように思います。半熟の卵などがお好きな方は、しっかりチェックして下さいね!)

<単語>
・卵(単数)das Ei
・卵(複数)die Eier
・色付き卵 Bunte Eier (またはGefärbte Eier
・ゆで卵 Gekochte Eier
Bodenhaltung これは小屋の中で地面を歩くことができる飼育状況の鶏の卵(つまり狭い檻に入ってるわけではない)という意味のようです。普通のスーパーの卵のパックに書いてあります。
Freilandhaltung 屋外飼育の鶏の卵。(Bodenhaltungより高級)
Bio-Eier 屋外飼育の上、自然の飼料を餌にしている鶏の卵。(Freilandhaltungより高級)

<参考>
Hühnerei - Wikipediaドイツ語
ドイツで焼きおにぎり   
 ドイツでも、焼きおにぎりを作っていました。
 家族みんなが大好きで、あっという間に食べきってしまう人気メニューでした。
焼きおにぎり

 ドイツのオーブンって、本当にパワフルで焼きおにぎり作りにもピッタリなのです。

1. まず、お鍋で炊いたお米を、白いご飯のまま握って、白おにぎりを作っておきます。
2. 十分冷めて表面が少し硬くなってから、オーブンシートを敷いた天板の上へ。
3. オーブンの最上段に入れ、「グリル」で裏表両面に焼き目をつけてから、今度は醤油を全体に塗って両面と側面を焼いたら出来上がり。

 塩分とり過ぎだとは思うのですが、焼きおにぎりのときは刷毛でたっぷり醤油を塗っちゃいます。
中のご飯にも染みるぐらいが美味しくて。

 ドイツではバーベキューも盛んなので、「白おにぎり」状態でバーベキューに持って行くのも良いですね。
スーパーでも売っている、バーベキューでたれをつける時に使うシリコンの刷毛が焼きおにぎり作りにも便利です。