家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
公園の芝生   
芝生2


 日が伸びて、緑が次第に濃くなる季節です。

 ドイツの公園は一年中芝生が生えていますが、やっぱり春になると若々しい緑が目にも鮮やかです。
 日本でも公園に芝生が植えられているところも多いと思いますが、ドイツで感じたのは手入れが行き届いているということ。
 芝の伸びるスピードの速い夏場は、芝を刈る回数も多くしているようでした。「あ、伸びてきたかな?」と思ったら、「もう刈ってある!」というぐらいの感じ。
 広い公園ですから、芝刈りもチマチマとやるのではなくて、ガーッと一気に刈ってしまうようです。

 最近の日本の公園は、手入れの回数が少ないように感じます。
私が子どもの頃は、地域の住民が「朝の草刈り」で公園なども草刈りしていましたが、今はもうしないのでしょうね。市の職員さんが時々整備に来て下さったり、近くの小学校の児童が年に数回草ぬきをしているようですが、夏場は追いつかない様子。
 雑草が伸び放題だと蚊も多いですから、ドイツの公園のようなすっきりとした公園が恋しくなります。

 写真は朝の公園。
 朝8時ごろ子どもを学校に送って戻ってきたら、もうすでに芝刈りが始まっていました。
 さすが、朝早くから仕事をするドイツ人です!

芝生

 ここは大学のすぐそばの公園なので、昼には若者たちがゴロリと寝転がっていたり、サッカーをしていたり。
週末には家族連れが多いですし、バーベキューをしている人もたくさんいます。

 きっと、休日や家族の時間を大切にする国だからこそ、憩いの場としての公園の整備をきちんとしているのですね。
 税金の使い道として「公園の整備」も大事にされているからこそできることだと思います。

 日本は……、やっぱり公園で過ごせる「ゆとり」を作りだすことから始めないとダメかなぁ。
スポンサーサイト
ショッピングカートが便利!   
 ドイツでは環境に配慮した商品が多いです。
 とくに、ガラス瓶が多いこと!!日本だったらプラスチック容器に入れているようなものも、ガラス容器で販売しています。
 もちろん、お店で回収され再利用される「デポジット・リターナブル」瓶も多いですし、その他のガラス瓶も色分けしてリサイクル回収されますから、非常にエコロジーなのです。

 しかし。
 ガラス瓶は重い!!
日々の食料品の買い物でも、瓶詰めの商品をいくつも買うとエコバッグではとても持ち帰れない重さになってしまいます。とくに我が家は5人家族。そして、大人は瓶入りアルコール飲料(ビールやワイン)も大好き。
 車もなく、徒歩で買い物に行く私としては、大問題!
 というわけで、ショッピングカートを使っていました。

ショッピングカート

 これは、ドイツのIKEAで買ったショッピングカート「Einkaufsroller」。(2008年当時、19ユーロでした)
 補習校で一緒だった方が色違いを持っていて、「どこで買ったんですか??」と教えてもらったのでした。
 この商品は、底のサイズが40×24cm。バッグの部分の深さが57cmもあって、タイヤは直径18cm。
 持ち手の上までの高さは97cm。なかなかの大きさです。
(バッグ部分は取り外して薄く畳むことができます。スチールの台車部分はバッグを載せる部分を折り畳めるので、使わないときはタイヤの直径ほどの場所にしまえます。)

 タイヤが大きいので、車道から歩道の段差などもラクラクで、ホントに便利。
 ワインの産地に小旅行へ行ったときにワインを1ダース買った時にも重宝しました。
 普段でも、週末用の食料品のまとめ買いなどのときに、このサイズがありがたかった!!

 日本でも人気のライゼンタール(Reisenthel)にも、同じような商品(trolley・トローリー)があります。

 Amazon.deでしたら、「einkaufstrolley」「einkaufsroller」「einkaufswagen」などで検索してみると、いろいろなショッピングカートがありますよ。

 買い物でなくても、ピクニックなどの荷物を入れてもいいですね。
 カラフルでオシャレなものがありますから、若い人でも大丈夫ですよ。