家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツ 学用品の準備   
学用品リスト
 <写真1>学用品リスト
ドイツ文房具
 <写真2>スティックのり・クレヨン・絵の具セット
弁当箱
 <写真3>お弁当箱・水筒

 ドイツの新年度開始は、だいたい8月の上旬から9月の上旬です。
地域によって、そして年によって開始時期がずれるような仕組みになっています。
(渡独した年は、8月の上旬にすでに新年度が始まっていて驚きました)

 年度の終わりは夏前(6月末から7月末)で、夏休みが始まります。そして、この休み中に新年度の準備をするわけです。

 お店でも新年度準備の商品が並び始める時期です。もちろん、デパートや文房具店では一年中学用品が手に入りますが、この時期はスーパーマーケットでもお手頃な商品が手に入ります。季節限定なんですね。

 上の写真は現地校で配られた学用品リスト「Materialliste」。
「コレは何?」という単語も並んでいます。たしかに、ドイツ語で文房具の名前なんて覚えてないものです。
そういう場合は、学校の近くにある文房具屋さんに行って、リストを見せて店員さんに揃えてもらうこともできます。(手際良く集めてくれます!)
日本にはないような文房具もあります。
 もちろん、amazon.deなどで単語を入力すると写真で商品が分かると思います!

 学年によって揃える学用品にも少し違いがあるようです。筆の太さだとか、万年筆だとか。
 それでも、簡単に手に入るものばかりなので、ご心配なく。

 そうそう、息子たちの通っていた学校では「Schuhkarton 靴箱」というのがリストにありましたが、これはいわゆる「お道具箱 Eigentumskasten」。教室内で自分の文房具などをしまうのに使います。
文房具屋さんよりも靴屋さんで「子どもの学校で使うんだけど……」と言って、空き箱をもらうほうがよさそうです。(もちろん、家にあればOK!)

<関連単語> (アルファベット順)
Beutel 袋・巾着袋
Blatt ページ数・枚数(「100 Blatt」100枚つづり)
Bleistift 鉛筆
Bleistiftspitzer 鉛筆けずり
Borstenpinsel 絵筆(剛毛製の)刷毛
Buntstift 色鉛筆
Butterbrotdose 弁当箱
(パンや果物用/汁が出るものには不向き)
Deckfarbe 絵の具
Deckfarbkasten 絵の具セット(「写真2」)
Deckweiß 白い絵の具
DIN ドイツ工業規格
(「DIN-A4-Format」 ドイツ工業規格の「A4判」サイズ)
Dosenspitzer 鉛筆削り
(削りカスが落ちないよう、小さな容器になっているもの)
Federkasten = Federmäppchen = Federmappe = Federtasche 筆箱
(ファスナー式で本のように開き、中にペンやインクカートリッジが差し込めるようなゴム付きの仕切りがあります。ドイツでよく見かける筆箱です!)
Filzstift = Filzschreiber フェルトペン
Folienstift ペン
Füller = Füllfeder = Füllfederhalter 万年筆
Gymnastikschläppchen 屋内用運動靴
Haarpinsel 毛筆
Hausschuhe 上履き
Heft ノート・帳面
Kinderschere 子ども用はさみ
Klebestift スティックのり
Lineal 定規
Lineatur 罫 
(「Lineatur 3」のように、ノートの罫線の幅について指定があることも)
Linkshändigkeit 左利き
(ハサミなど、利き腕用を用意します)
Malblock 自由画帳・お絵描き帳(剥ぎ取り式)
Mappe ファイル・バインダー・書類ばさみ・手提げかばん
Mäppchen 筆箱・小さなバッグ 
Patronenfüller カートリッジ式万年筆
Patrone(n) インクカートリッジ(万年筆)
(カートリッジ購入の際は、メーカー・サイズなどに注意)
Radiergummi 消しゴム
Ranzen (= Schulranzen) ランドセル
Rechenheft 算数ノート
Sammelmappe 書類ファイル・紙ばさみ
Schere はさみ
Schlampermäppchen 筆箱(ファスナー式で仕切りなどのないもの)
Schnellhefter ファイル・バインダー・書類ばさみ
Schreibheft ノート・帳面
Schreibmaterial 文房具
Schreibwarenhandlung 文房具店
Schulmappe 学生カバン
Schulranzen (南部:Schulränzel) ランドセル
Schulrucksack 通学用リュックサック
Schultasche 通学カバン
Spitzer 鉛筆削り
Tintenkiller (万年筆用)インク消し
Trinkflasche 水筒
Turnanzug 体操服
Turnbeutel 体操服用の袋
Turnhose 体育用のズボン
Turnsachen 体育用品
Turnschuhe 運動靴
Wachsmalstift クレヨン
wasserfest 耐水性の
wasserlöslich 水性の
Zeichenblock スケッチブック・画用紙つづり
Zeichenblockmappe 画用紙ホルダー(作品ファイル)

<関連記事>
『ドイツのランドセル・通学バッグ』 - 家族でドイツ!
スポンサーサイト
ドイツの休み時間  『朝ごはん休み』?   
 息子が通っていたドイツの現地校の時間割。
2時間目が終わったところに、「Frühstückpause und Hofpause」と書いてあります。
 「Frühstück」は「朝ごはん」
 「pause」は「休み時間」
 「Hof」は「中庭」
つまり、「朝ごはんタイム と 中庭での自由時間」っていうところでしょうか?

 実際、子どもたちは毎日、お弁当箱を持って学校に行くのです。 
 学校は昼過ぎまで。昼食は家で食べますから、お弁当箱の中身は「ごはん」というよりも、「おやつ」。
 それでも、朝8時ごろには授業が始まり、午後13時半まで授業をして家に帰ると2時過ぎですから、軽いおやつがないと空腹になりすぎてしまうんでしょう。
 (朝早いですから、朝ごはんをしっかり食べられずに来る子もいるかもしれませんし!)

 お弁当箱の中身は、パンや果物が主流のようです。
 「ニンジンを丸ごともってきている子もいた」と、息子が驚いていました。
 我が家は薄切りのパンや小さめのパンにジャムを塗ったものやワッフル、果物はリンゴやプルーンなどその季節に手に入りやすいものを入れていました。そうそう、小さいチーズを入れたりもしましたっけ。
 飲み物は、ボトルに浄水器から水を入れて持たせていました。

弁当箱
(写真: 「弁当箱 Butterbrotdose」と「水筒 Trinkflasche」)

 日本のお弁当みたいに、「おかず」は入れません。
 防水のパッキンもないですから、汁が出る果物もやめておいたほうが無難です。
 もちろん、スナック菓子のようなものではなく、腹持ちのよい健康的なものを選んだほうがよいかと思います。

 栄養は家での3食で補えますから、子どもの好きなものを入れればいいですし、毎日ほぼ同じで大丈夫。
 日本の学校のお弁当を作ることを考えたら、なんとも簡単なお弁当です。(笑)

 「弁当箱 Butterbrotdose」と「水筒 Trinkflasche」は、新学期前になるとTchiboで販売されていました。もちろん、Amazon.deでは、いろいろな種類のものを見つけることができます。もちろん、デパートや雑貨店でも置いてあります。
 入学祝用でしょうか、お弁当箱と水筒のセットもありますよ!

 私は「出産祝いにもいいなぁ」と思っています。(赤ちゃん連れのお出かけにも便利そうでしょう!)

<追記>
 日本人学校では時間割も違います。日本のように、お昼ご飯のお弁当を持って行くところもあるようです。

<関連単語>
Frühstückpause 朝ごはん休み(中間休み)
Butterbrotdose 弁当箱(※上の写真のような簡単なもの)
Trinkflasche 水筒
(「nachfüllbare Trinkflasche」 繰り返し使える水筒)
 
ドイツで水泳   
 日本の学校で水泳学習が始まりました。

 そこで、思い出してみたのですが

「ドイツの学校では水泳の授業がなかった!!」
 それに、
「学校にプールもなかった!」

 私たちが通っていた学校は広い校庭(グラウンド)もなくて、サッカーをするのに近くの公園に行っていたぐらいで、プールを作るスペースもなかったはず。
 そして、何よりも「水泳学習に適した時期(7月・8月)は夏休み&新年度開始直後」ということで、学校のプールを利用する時間がなかったのではないかと思います。
 ただ、ドイツの学校には基本的な授業のほかに地域の団体と協力した課外活動・クラブ活動(AG)があって、そこでは水泳もあります。(ほかにも音楽や美術などの課外活動もあります)
 我が家は午後の課外授業までは参加させていなかったのですが、こうした活動に参加するとよいのかもしれません。

 学校にはプールがありませんでしたが、ドイツの人はプールが好きなようです。
 知人のお子さんは小学校に上がる頃には泳いでいましたし、学校以外のプールに家族で行っているようでした。
 一年中入ることができる屋内プール(Hallenbad)もありますし、夏季だけやっている大きなプールもあります。

 夏が近づけば、洋服店にちゃんと水着コーナーができますし、スポーツ洋品店では一年中売ってるはずです。
(プールでも水着販売コーナーがあるところもあります。タオル貸し出しのあるところも)
 我が家も子どもたちと夫が、知人と一緒にプールへ行っていました。
(水着はC&Aで買ったはず)

「更衣室が家族で入れる個室だった!」と驚いていました。たしかに、男女別よりも家族の個室の方がホッとしますね。

 ドイツ語の「Bad」は、「お風呂・プール・温泉・湯治場」という意味があって、スイミングプールだけでなくサウナやマッサージ・フィットネスなども含めた『健康増進施設』のようなところが多いように思います。
 観光地ではバーデンバーデンBaden Badenのカラカラ大浴場Caracara Thermeが有名ですね。


 短期渡独のお子さんは、ドイツの学校で水泳がないようでしたら家族でプールに行っておくといいかもしれません。
 ウォータースライダーなどがあるプールもありますし、家族で楽しめると思います。

<参考>
Schwimmen in Köln - Koeln.de
 ケルン市内の水泳のできる場所の情報があります。

<関連単語>
・水泳 das Schwimmen
・プールのある施設 Schwimmbecken・Badeanlage
・プール Schwimmbad
・屋内(室内)プール Hallenbad
・屋外プール Freibad
・水泳できる湖(海) Badesee
・水着 Badekostüm
・水着(女性用) Badeanzug
・水着(男性用) Badehose
・水泳帽 Badehaube・Badekappe・Bademütze
・泳ぐ(動詞) schwimmen
・水浴する(動詞) baden
・ウォータースライダー Looping-Wasser-Rutsche