家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
マダニ対策 「Zeckenkarte」   
Zeckenkarte1


 最近、日本でもマダニによる感染症がニュースになっています。
 都市部に住んでいる日本人には、あまり馴染みがないと思いますが、都市の近くにも広い森があるドイツでは、もっと一般的で、虫よけスプレーにもマダニ用があるほどです。
 ドイツに行ったら、ダニ対策用品も常備しておくと安心ですね。

PA0_0013.jpg
 このスプレーに書かれているのがマダニです!

Zeckenkarte2
 これが、ドイツの薬局などで手に入る「Zeckenkarte ツェッケンカルテ」。
 直訳すると、「ダニカード」です。「ダニ除去カード」といった感じでしょうか?
 カードの大きさはクレジットカードサイズ。持って歩くのにも便利なサイズです。
 パンフレットと、カードを入れるケース(紙)には、使い方がイラスト付きで書いてあります。(マダニの写真付きで、非常に分かりやすいです。)

Zeckenkarte3
 体に吸い付いて血を吸っているマダニを、上の写真のように取り除くようです。

 Amazon.deで調べてみたら、カードのほかにも、Zeckenhaken(くぎ抜きのような形をしたダニ除去の道具)やZecken Pinzette(ダニ除去用ピンセット)、Zeckenzange(ダニ除去用ペンチ)、Zeckenshlinge(輪匙状のダニ除去具・輪のようなものでひっかけて取るようです)など、いろいろなダニ除去の道具があるようです。
 ダニに咬まれた時の応急処置セット、「Zeckenset」もありました。野山へ行くときは、持参したほうがいいですね!

 犬などのペットもダニの被害にあうようですから、ペットと一緒に出掛ける時は注意しないといけませんね。動物には動物用の対策(予防薬など)もあるようなので、ペットのいる方はしっかりと対策してあげてください。


<マダニ対策>
(1)森や野山・牧草地へ行くときには、肌をしっかり隠す服装で。
   長袖・長ズボン・長靴下に加えて、帽子やスカーフなども有効。
   布の生地は、目の細かいものを。(隙間から咬まれないように)
   特に小さいお子さんは、頭・首筋も注意。
   サンダルではなく、しっかりとした靴を履くこと。
(2)森などから帰宅したら、お風呂などで、ダニに噛まれていないか全身を(頭皮も)チェック。
   咬まれていたら病院へ。
(3)ダニ除去の道具(Zeckenkarteなど)がある場合は、ダニを取り除く。取り除いたダニも捨てずに、セロハンテープなどで挟んで標本にして病院へ持っていくと判断材料になって良い。
(除去前にダニが分かるように写真を撮影するのも良い)

<マダニ関連単語>
Zecken ダニ
entfernen 除去する・取り除く
einfach 簡単に
sicher 安全な・安心な
Mucke(Mücke) 蚊・ブヨ(ハエ)
Zecken- und Mückenschutz Spray ダニ・蚊など虫よけスプレー


<マダニに関するリンク>
ダニ媒介脳炎に関するQ&A - 厚生労働省
皮膚科Q&A「虫(マダニ類)による予期せぬ感染症 」
 日本皮膚科学会のページ。予防法や症状など詳しいです。
マダニ - Wikipedia
Zecken - Wikipedia(ドイツ語)
スポンサーサイト