家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
『世界のともだち32 ドイツ  丘の上の小さなハカセ クラース』   


『世界のともだち32 ドイツ  丘の上の小さなハカセ クラース』
偕成社


 世界中の子どもたちの日常を紹介する「世界のともだち」シリーズ。
 2015年12月に、ドイツ編が出版されました。

 ベルリンに住む12歳(2003年生まれ)の男の子が主人公。
 別居しているお父さんとお母さん、それぞれの家で過ごす様子や、学校のある日の生活、マルクトでのお買い物、お休みの日に巡るベルリンの街並みや緑の多い公園と、1冊で1年半の撮影期間の素敵なドイツをたくさん知ることができます。

 ベルリンの基礎学校は、6年間なんですね。
 クラース君は基礎学校の6年生、日本の小学校6年生と同じ12歳です。

 家の間取りや、食事の風景、学校での様子など、懐かしい気持ちで読みました。
 誕生日に、お母さんがケーキを焼いて学校へ持っていくのも懐かしい!

 これからドイツへ行く子どもさんにも、参考になる1冊だと思います。

 下記の出版社のサイトに、取材日記もあって、本には載っていないクラース君の生活を知ることができます。
 こちらもおススメです。

<関連リンク>
偕成社 「世界のともだち」特設サイト
 36か国の子どもたちのくらしを紹介する写真絵本のシリーズ(全36巻)。偕成社の創業80周年を記念したシリーズだそうです。
取材日記 天才肌の男の子、クラースとの毎日(前編)
 この本の取材日記です。本では紹介されていないバーベキューや公園で遊ぶ写真も。
取材日記 クラースとの毎日(後編)
 取材日記後編。小児科病院へ行く写真も。ドイツの小児科の様子が分かりますよ。
ドイツの学校系統図 - 文部科学省
ドイツ基礎データ - 外務省
ドイツ連邦共和国 - 外務省
スポンサーサイト