家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
トイレのつまりとり 「Saugglocke」   


 トイレや浴室の排水トラブルの味方「スッポン」とも呼ばれる「トイレの詰まりとり」。
 やっぱりドイツでも家にあると安心だと思います。
 トイレの詰まりって、時間を選んでくれないので、真夜中に「水が流れない!!」ということもあるわけです。

 この「トイレの詰まりとり」、日本語でもいろいろな名前で呼ばれています。
「ラバーカップ」「吸引カップ」「通水カップ」というのが一般的でしょうか。
 ドイツ語では、「Saugglocke」というようです。
 「吸引する saugen」と「釣り鐘 Glocke」を合わせた単語でしょうか。たしかに、「釣り鐘型」ですもんね。
ドイツ語でも、「Abflussstampfer(排水突き棒?)」「Gummisauger(ゴム製吸引器具)」「Ausgussreiniger(排水掃除用具)」と、いろいろな呼び方があるようです。
 英語では、「Plunger」です。
 ドイツのAmazonで、「Saugglocke」と検索すると、いろいろな形のものが出てきて面白いですよ。

 使い方は、「押し出す」のではなくて、「詰まりを引っ張って解消させる」んだそうです。なるほど、「吸引」するわけですね。
 詰まっているものを押し込んでしまうと、さらに詰まりがひどくなって業者を呼ぶことにもなるそうです。
使い方はこちら。
ラバーカップの使い方 - 株式会社テラモト
  洗面台での使い方もあります。
便器のつまりを取ります - TOTO
  動画もあります。

 もちろんトイレだけでなく、シャワー室の排水や浴室の排水、台所や洗面台の排水だって詰まります。
 (私が住んでいたゲストハウスはシャワー室の排水が詰まってました。)
 排水の詰まりを溶かす薬剤もありますが、トイレのときはやっぱり「ラバーカップ」の出番じゃないでしょうか。


<参考>
ラバーカップ - Wikipedia(日本語)
Saugglocke - Wikipedia(ドイツ語)
Plunger - Wikipedia(英語)
スポンサーサイト