家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
手作りシュトレン   
20161128221622225.jpg  20161128221629371.jpg
 初めて、シュトレン(Stollen シュトーレン)を手作りしました。
 思ったより簡単で、美味しくできました。

 でも、ドイツの発酵バターで作ったらもっともっと美味しいかも。
 ドイツにいらっしゃる方、是非チャレンジしてみて下さい。

201611282216278ac.jpg(スライスして食べます)

 レシピ通りではなくて、ちょっとアレンジして作りました。
 アーモンドよりもクルミが好きなのでクルミに変更。
 マジパンも省略。
 カルダモンは家になかったので、これも入れませんでした。

 レシピのドライフルーツは、全部合わせたときの重さが同じになるように、いろいろ混ぜました。
 レーズンは家でラムレーズンにしたものを使用。
 ラム酒に浸けておいたドライいちじくも入れました。
 「カレンズ」は、「カランツ」「カレンツ」「カラント」と同じなんですね。たまたま息子のサークルの先輩がお土産で買ってきてくれた「レッドカラント」があったので使いました。(これもラム酒に漬け込んでおいたもの)
 ドライイーストは分量の水をぬるま湯(人肌)にして、予備発酵をさせてから使いました。
こうすると、特別なドライイーストでなくても、スーパーで売っているカメリアのドライイーストでも大丈夫でした。
 焼いた後に塗る溶かしバターの量も、ちょっと減らしちゃいました。(それでも、外に塗る分だけで200g使ったんですけれど)

 驚いたのは、完成までに3日かかること。
 1日目は、計って混ぜて発酵させて焼いて、溶かしバターを塗って、冷まして包む。
 2日目は、さらにオーブンで焼いて、溶かしバターを塗って、冷まして包む。
 3日目は、もう一度オーブンで焼いて、溶かしバターを塗って、粉砂糖をふって、冷まして包む。

201611282216256ad.jpg(3日目 焼き上がったところ)
20161128221622225.jpg(3日目 粉糖をふったところ)
20161128221626f54.jpg(包んだシュトレンを涼しい部屋に)

 出来上がってから1週間ぐらい置いてから食べたほうがより美味しいということなので、第1アドベントから食べたいなら、11月に入ったら「いつ作ろうか」と準備してもいいと思います。
 私はスーパーの割引やポイントが大きい日に材料をまとめ買いしました。
 ドライフルーツをラム酒に漬け込むのは、10月にやってしまっても大丈夫です。(もっと前でも大丈夫!)

 参考にしたのは、
『何度でも食べたくなる、わが家のレシピ ドイツの焼き菓子』
門倉多仁亜 著
ISBN: 978-4-7973-6911-3
SBクリエイティブ

20161127221230eb4.jpg
 シュトレンのレシピのほかにも、ジンジャーブレッドハウスや黒い森のケーキ、りんごのケーキなど、美味しそう!
 ドイツで作れたら、素敵ですね。私も、もしまたドイツに住めるのなら、この本を持っていきたいです。

 この本のレシピで作ると、10センチ×20センチ×5センチぐらいの大きなシュトレンが4つもできちゃいます。
 (マジパンを入れるともっと大きいはず……。「1kgぐらいを2本分または500gを4本分」というレシピです)
 ラッピングしてお友達にプレゼントするのもいいかもしれません。

<メモ>
 出来上がったシュトレンを包むとき、オーブンペーパー(ベーキングペーパー Backpapier)を先にくしゃくしゃに柔らかくしてから包むと楽ですよ。
 その上から包むアルミホイルは、けっこう長ーくたっぷり使うのがおすすめです。短いと破れちゃったり、なかなか難しいです。

<関連記事>
アドベントの季節 Adventszeit - 家族でドイツ 
 アドベントについての説明や、アドベントカレンダーなどの写真もあります。
ドイツのバター - 家族でドイツ
 ドイツの発酵バターについて書いています。

<追記>
 焼いてすぐだと、生地の味とフルーツの味が別々な感じ。
 1週間経つと、生地とフルーツの味が馴染んで一体化。ぐーっと美味しくなります。
 1週間以内に食べちゃうのはもったいない。やっぱり、1週間前には作っておきたいですね。

<追記2016.12.06.>
NHKの「グレーテルのかまど」という番組でシュトレンが取り上げられました。(2016年12月5日初回放送)
 インターネットでレシピも公開されています。
〜アドベントのお楽しみ!シュトレン〜 | NHK 「グレーテルのかまど」
 生イーストを使って、一日で焼き上げるレシピです。門倉多仁亜さんのレシピとは、ちょっと違いますが、こちらもフルーツたっぷり美味しそう。
 二つ折りでなく、切れ目を入れるんですね。
 この番組で、シュトレンの知名度が上がるかな?

 そういえば、「Dresden」って、「ドレーズデン」って発音が一番近いような気がしますが、「ドレスデン」が日本では一般的なんでしょうかねぇ?
スポンサーサイト