家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
白アスパラ「シュパーゲル」は鮮度が命   
白アスパラ

 白アスパラ「シュパーゲル = Spargel」はドイツ人の春の味覚。
 春風が吹き始めると、そわそわと気になり始めるようです。
 まだ白アスパラが並んでないころ(3月の終わりだったかな?)にも、おじいさんが店員さんに「いつごろ、入るかね?」と聞いていたり!「待ち遠しい」食べ物なのですね。

 スーパーでも手に入る白アスパラですが、産地直送の屋台も季節限定で開きます。
 私の家の近くに開いていた屋台では、白アスパラとイチゴと新ジャガを量り売りしていました。どれも、春の美味しいものなのですね。

 まず、白アスパラの選び方。
 とにもかくにも、「鮮度が命」。
 「穂先が開いてないもの・切り口が乾いていないもの・根元が固くないもの」を選ぶのですが、これが素人には難しい。

 そこで……、私の結論。
美味しい白アスパラを手に入れるためには、「お店選び」が重要だと思うのです!
 多くの人が並んでいて、どんどん売れているお店(八百屋さんや産地直送の屋台)のアスパラはやっぱり新鮮。
 スーパーのものよりも値段は張りますが、味も段違いです。
(スーパーでは500グラム2ユーロほど。専門店ではその2倍~3倍ぐらいの値段でした。2008年4月~5月当時)

 鮮度が落ちると苦みが出てしまい、シュパーゲルの上品な甘さを楽しめません。
初めて食べたときは「これは、少し苦みがある食べ物なのかな?」と勘違いしてましたが、本当に鮮度のよいものは苦みなんてないのでした。(あぁ、恥ずかしい!)

 白アスパラは、穂先より下全体の皮を剥き、ゆでて食べるのが主流です。
 結構厚めに皮をむくので、ある程度太いアスパラでないと食べる部分が淋しいほど細~くなってしまいます。

 皮むきは意外と大変な作業!
 白アスパラを扱っているお店では、看板に大きく
「Spargel(白アスパラ)」「schälen(皮を剥く)」「gratis(無料)」
と、書いてあるところも多いです。
 専用の機械でびっくりするほどスピーディー&スムーズに皮を剥いてくれます。
(私の片言のドイツ語「シェーレン ビッテ!」でも、快く剥いて下さいました)
 ゆで時間も、お店の人に聞いてみると気軽に(うれしそうに)教えてくれました。
 本を見ると12~15分というレシピが多いようです。

 一度「焼きアスパラ」もしたのですが、これがまた美味。
 皮をむいて焼くだけなのですが、焼くことで甘さがギュッと凝縮されたようで、もう一度やりたい料理法です。
 オーブンのグリル機能か、焼き網で軽く焦げ目がつくように焼くといいと思います。

 一度食べると、春の白アスパラが恋しくなるのも納得です。
 ドイツに行ったら、是非是非食べてみてください!!


<参考>
春が来た!シュパーゲルの季節だ!! - ドイツニュースダイジェスト
 シュパーゲルの基礎知識からレシピまで。いろいろ分かります。
白アスパラ - 在欧州わたしの台所
 ドイツパン職人みちえさんのホームページにある白アスパラのレシピページ。 

 
<追記 2009.04.18>
 写真の白アスパラはスーパーで買ったもの。ちょっと苦みがありました。
 こうやって500グラムずつ紙で包装してある手間=時間がかかることで鮮度が落ちている可能性もあります。大箱に無造作に入っていて、いかにも「これはもう掘りたてだよ!」という八百屋さんの白アスパラに比べると、皮のツヤが落ちているのが一目瞭然です。

 まさに、日本のタケノコですね。
 
スポンサーサイト
              
コメント

ご無沙汰しております。
我が家も、無事に帰国いたしました。
つきこさんの記事のおかげで、いろいろと助かった部分も多かったです。どうもありがとうございました。
でも、やっぱり帰ってきてしまうと、もっとこうすれば良かったな・・・って事はいろいろありますよね。
今回の記事のシュパーゲルも、帰ってきてしまえばもっと食べてくれば良かったなーと思った一品でした。
また、ドイツに行くことがあったら、食べたい一品です。
---------- らぶじょる [ 編集]* URL * 04/29, 10:18 -----

>らぶじょるさん
 無事帰国、おつかれさまでした!
 本当に1年って短くて、私も「また行きたいなー」とすぐに思ってしまいました。大変ではありましたが、「次に行く時は、もっとうまくやれる」という気持ちもあって。(笑)

 シュパーゲル、美味しいものですよね。
 ドイツに行くまで、本当にその魅力さえ知らなかったのですが、きっとこれから先はずっと、春になる度に「ドイツでは今頃、白アスパラ」って思うのでしょうね。

 もしよかったら、またブログへおいで下さいね。
 気長にボチボチと続けていきますので。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 04/29, 13:40 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/147-9c04e0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)