家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
便利!冷温両用 コンプレッセ ~ 子どもの熱対策(3)   
コンプレッセ

 ドイツで重度の肩こりになり、首が動かなくなってしまった私。
 病院へ行ったところ、「痛みがひいたら、お風呂やコンプレッセで温めて、ゆっくり運動してください」と言われました。
 「die Kompresse」を辞書で調べてみると、「湿布」。
 でも、ドラッグストア(dm)で「これよー」と教えてもらったのは、冷温両用の保冷(保温)剤でした。
 目の覚めるようなブルーのジェル入りで、布製のカバー付き。
冷凍庫でも硬くならず、熱湯やレンジで温めればやさしい暖かさで身体を温めてくれます。
 普通の湿布薬の粘着成分でかぶれてしまう私にとっても、うれしい「湿布」です。

 これは、ドイツの小学校の冷凍庫にも用意されていて、子どもが身体をぶつけたりすると冷やしてくれるそうです。

 熱を出したりしていなくても、寝苦しい夜に首を冷やしてあげると子どもの寝付きがよくなりますし、「お腹が痛いよー」というときはレンジで温めてあげると「レンジ湯たんぽ」のように使えて本当に便利です。
 繰り返し何度も使えるのもありがたい!
 帰国後1年以上たちますが、我が家の冷凍庫にいつでもスタンバイしています。この1年間でも何度活躍してもらったか!!
 水枕よりもコンパクトですし、子どもの首を冷やすにはちょうどいいサイズです。布カバーにはゴムベルトとマジックテープがついているのも、使い勝手が良いと思います。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/157-fe4cc49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)