家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツでパスタ   
 ドイツと言えば「パン」のイメージが大きいですが、我が家では夕食は「ご飯」と「パスタ」を主食にしていました。朝・昼がパンやワッフルのことが多かったので、「夜までパンじゃねぇ」と思って……。(そういうところが、日本人ですね)

 本場イタリアにはかなわないのかもしれませんが、本当にドイツもパスタの種類が豊富。
 さすがEU!さすが地続き!
 日本でも有名なイタリアのパスタブランドの商品がスーパーの中にもズラーッと並んでいます。
(shikao_mさんのブログの記事「またまた『STANDA』」にも、ドイツのイタリア系スーパーのパスタ売り場の様子の写真がありますが、本当に普通のスーパーでもこんな感じ。)
 そして、ありがたいことにとっても安いのです。
 スーパーのプライベートブランドの物だったら、日本の半額以下だったと記憶しています。

 乾燥パスタだけじゃなくて、生パスタも種類が豊富。
 日本のスーパーでゆでうどんや蕎麦の袋売りをしているように、乾麺じゃないパスタを売っています。
 (本当に「うどん」や「生ラーメン」の感覚で、同じ売り場でいろんなソースも売ってます。)
 ニョッキや具の入ったトルテローニ、ラビオリも生パスタだと、また別格。
「チーズ入り」「肉入り」など、具も数種類あります。

 そして、パスタソースもいろいろ。
 日本でも「ミートソース」「カルボナーラ」「ペペロンチーノ」など、何種類も見かけるようになりましたが、ドイツではもっといろいろ。日持ちするビン入りや紙パック(Combiblock =ブリックパック)入りの物があって、私も常備していました。
 お気に入りはバジル入りのトマトソースと、ボロネーゼ、バジルペースト、そしてチーズソース!
 でも、数多い種類の中から「これはどんな味だろう?」って悩むのも楽しいのです。
 写真の商品は日本でもおなじみ「ネスレ(Nestle)」から出ている「Buitoni Sauce ai Quattro Formaggi」というチーズソース。これが一番大好きでした。ペンネのほか、ニョッキやクノーデルにもよく合います。
 日本でも手に入るといいのになー。ドイツからのお土産で買ってきてもらいたい物の一つです。
クアトロフォルマッジ

 もちろん、パスタソースなど買わなくても、ドイツのスーパーで買える美味しいベーコンとチーズがあればいつで絶品パスタが作れます。是非、パスタにかける粉チーズは食べる直前に「チーズおろし」で削りましょう。パスタに合うパルメザンチーズもドイツだったら、ブロックで売っていますので、日本ではなかなかできない贅沢を楽しめます。
 

<参考>
「パスタの種類 - Labyrinthe Noir」
いろんなパスタの種類について分かりやすいです。ロングパスタ・ショートパスタ・フィリングパスタについても!
 読んでいるだけでも面白いです。
「Nudelsaucen - das-ist-drin」
ドイツの商品比較サイト「das-ist-drin」のパスタソース(Nudelsaucen)のページ。「こんなに種類があるんだ」と、あらためてビックリ。
「Nudeln - das-ist-drin」
同じく「das-ist-drin」のパスタのページ。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/160-d4ef387c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)