家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ガラス瓶 - リサイクルを楽しもう(2)   
 ガラス瓶(そのままの形で再利用されないEinwegflasche)の回収は、公園などの近くにある大きな大きなガラス瓶用のゴミ箱/コンテナー(Glascontainer)で行われています。
 色ごとに回収して、溶かしてからまたガラス製品としてリサイクルされるガラス瓶です。

 ※もちろん、スーパーなどで回収しているデポジット容器(Pfandflasche・Mehrwegflasche)は、お店へ!
  詳しくは「Pfand プファント - リサイクルを楽しもう(1)

 このコンテナー、本当に大きくて大人の背丈ぐらいあるものも。しかも、入れる穴も高いところにあいています!子どもが手を入れられる高さだと危険だからでしょうか。

 コンテナーは3色。
「白・緑・茶」(weiß/grün/braun)に分かれていて、それぞれの色に合わせてビンを分別していれます。(白は透明のビンも含む)
 「えーほかの色はどうするの?」と思ったのですが、青や赤など、ほかの色は緑色のコンテナーに入れるようです。

 捨てられる時間にも注意。
 多くの街で、平日は朝7~8時から夕方6~8時。土曜日は朝7~8時から昼3時。日曜・祝日は捨てない日となっています。自治体によって、少し時間が違いますが、だいたいコンテナーに時間が書いてありますのでチェックして下さい。
 ビンを投入する穴が高いところにあるので、落とすとガラスが割れる音が「ガッシャーン!!」と大きく響きます。時間制限があることにも頷けます。

 コンテナーの周りにガラス片が落ちていたり、お酒などがコンテナーについていることもあるので、ガラス瓶を捨てに行くときなどは注意して下さいね。
 瓶のラベルはお湯につけるとスルッと剥がれるものが多いです。私は、剥がせるものは剥がしてから持って行くようにしていました。
<追記>
水を無駄にしないため、洗わなくてもよいと書いてあるホームページを発見。ラベルも剥がさなくていいそうです。ホントかな?
 
<参照>
Altglas - ウィキペディア(ドイツ語)
大きなコンテナーをつり上げてビンを回収している写真もあります!(「こうやって回収するんだー!」と感激)
Glas-Recycling - ウィキペディア(ドイツ語)
古ガラス・ビン(Altglas)- デュッセルネット
デュッセルネットの「暮らしの情報」のページから。
ゴミの処理 - デュッセルネット
 ビン以外のゴミの捨て方にも詳しいです。

<ドイツリサイクル関連単語>
Pfand (Pfandflasche) デポジット容器
 (お店に持っていけば容器代が返ってくるシステム)
Leergut Einweg(Einwegflasche) そのままの形でリユース(再利用)されない容器
Mehrweg(Mehrwegflasche) そのままリユースできるリターナブル容器
Leergut 空き容器
Leergutannahme 空き容器回収機
Glascontainer ガラス瓶回収コンテナー
(公園などにあるEinwegflascheを回収する大きなゴミ箱)
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/170-83cf23d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)