家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
シャワーヘッドの交換   
 ドイツで暮らしていた頃。
 住んでいた家のシャワーの水の出が悪くなったことがありました。そして、ある日とうとう、いくら栓をひねっても水もお湯もでない状態に。
 台所もトイレの水も異常はなし。
 お風呂の浴槽の方の水栓も大丈夫。

 「どうしたんだろう?」といろいろ考えてみて、シャワーヘッドを外してみたら……
シャワーヘッドの中に何かが詰まっていたんです。
 どうも細かい砂利か金属片のようなものがたくさん、ざらざらと詰まっている様子。
 ためしに、外したシャワーヘッドに水を入れてみると、ちっとも水が出ない状態。
 そして、シャワーヘッドを外した水栓をひねってみたら、出るわ出るわ、シャワーホースから「赤い水」。

 どうも、何らかの原因でシャワーヘッドが詰まっていたために、行き場をなくした水の圧力が逆流し水道管の古い鉄分(?)を剥がして赤水になったようです。(しばらく流していたら、水の色は透明になりました。)

 日本でも水道管の老朽化がニュースになっていますが、ドイツも同じような問題を抱えていると思われます。
とくに私たちが住んでいたような古い住居内の水道管であれば、老朽化していても不思議はないわけで。(と、いうか間違いなく老朽化している!)
 リフォームに継ぐリフォームで新しく見える住宅でも、水道管までは交換されていないんじゃないでしょうか。

 原因が判明したので、シャワーヘッドを買ってきてもらい付け替えたら、なんと快適なこと。
 湯量も十分すぎるほど。この水栓を思いっきりひねっても水が出てなかったんですから……考えると恐ろしいことです。

 ドイツの住宅で、シャワーの水の出が悪いと感じたら、まずはシャワーヘッドを外してみましょう。
シャワーヘッドを外した状態の水量が少ないわけではないのに、シャワーからの水の出が悪いときはシャワーヘッドに原因があります。
 水道水に含まれるミネラル成分が固まったのかもしれませんし、何か水道管の内側の金属が剥がれて詰まっているかもしれません。
 シャワーヘッドを外すのは、あんまり難しくありませんから、どうぞ一度チェックしてみてください。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/178-afe6ddd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)