家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツで洗濯1 - 洗濯機   
洗濯機

 ドイツでも毎日していた家事、洗濯について。
 ドイツはドラム式の洗濯機が主流。そして、洗濯物は基本的に乾燥機で乾かしていました。

 そして、高温のお湯で洗濯ができると言うのも、日本の洗濯機との違いではないでしょうか。
 高温で洗濯をすると、余計に時間がかかりますが、殺菌したいものなどは便利ですね。(デリケートな衣料は低温で、タオルやシーツは高温で洗うとか)
<追記>高温で洗うことによって、ドラムの裏側の洗剤残りをきれいに洗い流し、カビ防止にもなるそうです。時々は高温(95度)で空洗いをするように説明書には書いてありました。

洗濯の温度などは、洗濯表示(Waschanweisung)を参考に。
ドイツの洗濯表示は日本のものとは違いますが、下記ホームページなどに詳しく載っています。
・<リンク>取り扱い絵表示 (日本はJIS規格、ドイツはISO規格です。)
 「ISO 洗濯表示」でも、検索できます。


 私が使っていたものはMieleの洗濯機。
 ドラム式は初めてだったので初めはちょっと戸惑いました。
 ちょっと前の機種だったからか正確な時間表示がないので、初めの数日はそばにつきっきりで時間を計っていました。その後はキッチンタイマーを使って、「そろそろ終わる頃」と洗濯機のある地下室まで行くことにしていました。(洗濯の終盤になると終了までの時間が表示されるのですが、ずっと地下室にいるわけにもいかないですし……。共同で使う洗濯機と乾燥機だったので、洗濯が終わった後も入れっぱなしにしておかないように気をつけないといけなかったのです。)


<洗濯の手順>
(下準備)・衣類のポケットに何もないことを確認
     ・洗濯機のドアのパッキン(シール)部分に異物がないか確認

(1)電源を入れて、お好みの洗濯プログラムを選ぶ
 ・ダイヤルつまみを回すタイプと、ボタンを押して選択するタイプがある
 ・脱水回転数も選択できる(セーターなど優しく脱水できる)
(2)洗剤を入れる
 ・洗剤投入口は、洗濯機の左上に引き出し型でついていることが多い
 ・「たらいに棒が2本たっている」絵表示は本洗い用
 ・「たらいに棒が1本たっている」絵表示は前洗い(予洗い)用
 (前洗いするときはこちらにも洗剤を入れる)
(3)洗濯物を入れ、しっかりとドアを閉める
 (衣類などはさまないように注意。水漏れの原因になる)
(4)スタートボタンを押す
(5)洗濯終了後、回転が完全に停止したら洗濯物を取り出す
(6)干す、または乾燥機で乾かす
 ※水道栓は使用後必ず閉めること(漏水の時に大事に至らずに済みます)

 取扱説明書には(2)と(3)の手順は逆だと書いてあるのですけれど、フランクフルトのコインランドリーに行った際、衣類を入れドアを閉めたとたんにスタートボタンも押していないのに回転が始まってしまった洗濯機があったものですから、私はこの順番で洗濯をしていました。
 ドアのパッキン部分にゴミや小さな異物が入っていることもあります。洗濯物を入れる前と洗濯後にチェックします。(洗濯中にボタンが取れて挟まっていることもあります)
 また、洗濯機の一時停止は「Start/Stop」ボタンを押したり、プログラム選択のつまみを「Ende」に合わせるのですが、今行っている動作(「洗濯」「すすぎ」など)が終了するまでは待たなければなりませんでした。(ドラム式だと、排水しないとドアを開けられないからでしょうか?)日本の洗濯機は一時停止ボタンを押すと同時に回転が止まりますから、「どうして止まらないの~!!」と驚きました。

 そうそう。「すすぎのみ」のプログラムで洗濯をすると、水が入ったまま洗濯機が止まります。
 続けて「排水のみ」を選んで排水して、洗ったものの中から必要なものだけ「脱水」することができるようです。

 前回の記事「ドイツのオーブンと絵表示」でも書きましたが、洗濯機の使い方を調べるのにもメーカーのホームページが便利です。取扱説明書のダウンロードなど、ドイツ語版も日本語版もそれぞれの国のホームページからすることができます。
 今回私も分からない単語は日独両方の取扱説明書から調べてみました。
(間違いなど発見された方は、コメント欄からご一報ください!)

<洗濯に関する単語>
Waschmaschine 洗濯機
Waschautomat 全自動洗濯機
Wäschetrockner(Trockner) 乾燥機
Waschtrockner 洗濯乾燥機(洗濯と乾燥の両方の機能を持つもの)
Toplader 上にドアのある洗濯機
Frontlader 全面にドアがある洗濯機(いわゆるドラム式)
Tür ドア(ドアを開けるボタン表示)
Vorwäsche(mit Vorwäsche)前洗い・予洗い(汚れがひどいときなど)
Hauptwäsche 本洗い
Waschgang 洗濯の段階
Stäken 糊付け
Schleudern 脱水
Endschleudern 最後の脱水
Schleudergang 脱水段階
ohne Endschleudern 脱水無し
Start スタート
Temperatur 温度(洗濯の水温)
Restzeit 残り時間
Ein 通電状態(電源On)
Spülen すすぎ
Abrauf 排水
Ende 終了
Wasserzulauf 給水
Kochwäsche 煮沸洗濯
Buntwäsche 色物洗い
Pflegeleicht 手入れの容易な衣服 
Fein (洗濯に配慮が必要な)上等な衣服・オシャレ着
Synthetik (Synthetics) 合成繊維製品 
Wolle 羊毛・ウール・毛織物
Miniprogramm 少量コース(時間も短くすみます)
Extra~ ~のみ別に
 (例 Extra Schleudern 脱水のみのプログラム)
ohne~ ~なし
 (例 ohne Endschleudern 最終脱水なし)
Drehzahl 回転数
Waschmittel 洗剤
Weichspülmittel (Weichspüler)柔軟剤
Einspülkasten 洗剤投入口(洗濯機の洗剤を入れる引き出し部分)
Wäschenetze 洗濯ネット
Wäscheklammer 洗濯ばさみ
Wäschetrommel 洗濯槽
Flusensieb 糸くずフィルター(乾燥機についている)
Waschanweisung 洗濯絵表示(取り扱い表示)


<関連記事>
ドイツで洗濯2 - コインランドリー
ドイツで洗濯3 - ドイツの洗濯洗剤
ドイツで洗濯4 - 洗濯物を乾かす
スポンサーサイト
              
コメント

今ミュンヘンの近くのアウグスブルクにいるものです.

洗濯機関連のとても参考になりました,ありがとうございましたm(_ _)m
---------- youyeah [ 編集]* URL * 08/06, 06:03 -----

>youyeahさん
 コメントありがとうございます。
 お役に立てて嬉しいです。
 家事の用語など調べるのも一手間ですものね。

 ほかの記事にもいろいろ生活情報がありますので、また読んでみてくださいね。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 08/15, 17:26 -----

現在ドイツ北西部ミュンスターという街に住んでいます。

Altbauの1室を借りて住んでいます。
洗濯機も貸してもらっているのですが、その洗濯機もかなり旧式のもの。

最近、洗濯をしても洗濯物に洗濯機の黒カビがついてしまっていて、困っています。

洗濯機のカビ取りのようなものをご存じですか?
---------- jha2525 [ 編集]* URL * 08/25, 18:47 -----

>jha2525さん
こんにちは。カビ取りは知らないのですが、借りている洗濯機でしたら管理人さんに言うのが一番早いかと思います。洗濯ネットに入れても、入り込んじゃうのでしょうね。
洗濯機の老朽化のせいであれば、洗濯機の買い替えをしてくれる場合もありますし、管理人さんがカビ取りを業者に依頼してくれるかもしれません。

そうそう。高温の洗濯をしないとカビが生えると聞いたことがあります。ときどきは一番高い温度での洗濯をしたほうが衛生的です。(洗濯物をいれてない空洗いで大丈夫です)管理人さんに連絡する前にも、ぜひ。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 08/26, 07:39 -----

助かりました!ありがとうございました。
この一年、オーストリアに引っ越して洗濯失敗ばかりなので、丁寧に説明してくださって感謝です。
---------- オーストリアから [ 編集]* URL * 02/18, 20:22 -----

>オーストリアから さん
 コメントありがとうございます。お役にたったのでしたら、私も嬉しいです。
私もいろんな失敗をしました。説明書を見ても分からないこともあって。(苦笑)
 洗濯機によって違うこともあるとは思いますが、頑張ってくださいね!
---------- つきこ [ 編集]* URL * 02/19, 14:50 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/181-4d9a0fb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)