家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
カーニバルの準備・カーニバルの衣装   
カーニバル3

 カーニバルの前に、いろいろと情報を集めておくとより楽しめると思います。
 盛大なカーニバルをする地域と、そうでない地域があるので、まずは地域の観光局(Tourismus)のホームページなどで確認しましょう。ドイツの検索サイト(Yahoo! Deutschland)などで、都市名と「Tourismus」を入れて検索してみてください。
 

 ケルン市は、「カーニバルの街」といえるぐらい盛大なカーニバルが開催されます。
 ケルンのカーニバルを楽しむために、まずはケルン市観光局(Köln Tourismus)のサービスセンター(Service-Center)へ行ってみましょう。
 ケルン中央駅のすぐ近く。
 ケルン大聖堂の入口正面の石段を降りたところにあります。

 パンフレットがいろいろありますが、その中から「Köln. Der Karneval」と書いてあるカーニバルのパンフレット(「Terminkalender」)を買います。独・英・仏・蘭の4ヶ国語で書かれている1ユーロぐらいの小冊子ですが、いろいろなイベントの時間帯やパレードの通り道の地図などいろいろな情報が載っています。これが1冊あると、便利だと思います。
 実はケルンのカーニバルは前の年の「11月11日」がスタート。と、いうわけで、この冊子のイベントの日程も11月から始まります。
 サービスセンターにはカーニバルグッズも売っていて、「派手なコスチュームはいらないけど、記念にカーニバルらしい帽子(傘・ネクタイ・バッグ)でも」と思う方はこちらでも買うことができます。
 日本語のケルン案内パンフレット(有料)もあります。

 長期滞在中の方は、ポストに入る無料のお知らせもチェック。住んでいる地域のイベントについて、情報が載っていたりします。

 あと、交通機関の情報もチェック!
 地下鉄の駅やバスの車内にある「カーニバル期間の特別運行」の冊子をもらっておくと良いと思います。
 もちろん、インターネットでもチェックできると思うので、ケルンだったらKVBなどのホームページを見ておきましょう。
 
カーニバル2
 カーニバルの衣装は、冬が来るとあちこちで販売され始めます。
 ポストにも広告が入ったり。(上の写真右側)

 「Karneval in Köln」 ケルン市のカーニバル観光案内のページから、「Kostüm」をクリックすると、市内のカーニバル衣装販売店が紹介されています。それぞれのお店の紹介に書いてある赤字「Branchenführer」というリンクをクリックすると、地図なども載っている詳細ページにいけます。
 ドイツの検索サイト(Yahoo! Deutschland)などで、、地名と「Karnevalskostüme」を入れて検索しても良いと思います。
 私は、HeumarktからNeumarktへぶらぶら歩きながら、何軒も覗いてから買いました。
(カーニバルシーズン以外は閉店しているお店も。一年中マネキンがカーニバルの衣装を着ているのでビックリします。)

 本当にハロウィーンの衣装と同じで「仮装」と考えていただければOK。ケルンでは市の色「赤と白」をメインにした衣装が多く見られます。
 ピエロ(道化師 / Clown)が多いようですが、日本のアニメや映画のモチーフなども人気で「スーパーマリオ」や「ドラゴンボール」「ハリー・ポッター」や忍者・海賊さんまで、ありとあらゆるものがOKです。
 なんといっても、「tollen Tagen = Crazy Days」ですから! 「羽目を外したもの勝ち」かもしれません。

 衣装は、日本でハロウィーンのものなどを買って持参しても良いと思います。
ドイツでも中国やアジアの大量生産品を多く扱っています。インターネットのオークションで手に入れるのもいいかもしれません。
 仮装では、杖や帽子などの小道具・衣装に合う靴などを考えると結構な出費になるので、小道具などは「日本の100円ショップで買って持ってくればよかった!!」と思ったぐらいです。
 もちろん、手作りの衣装の人もいます。魔法使いの衣装などは、あんがい簡単かもしれません。
 学校のカーニバルイベントでは衣装や小道具を指定されることもあるので、購入前に先生に何が必要か聞くと二度手間にならずに済みます。

 そうそう、パレードでばらまくお菓子を入れる袋(Kamellebügel)も用意しましょう。大きめのエコバッグで良いのですけれど、カーニバルデザインのものも記念に良いですね。
 山車(フロート)から飛んでくるお菓子などを、口の大きな袋や帽子を使って受け止めたり、傘を反対にして受け止める人もいます。日本の節分祭の豆まきみたいのようです。
 パレードを待つ列の後ろで小さな子どもが叫んでいたら、列の前に入れてくれる優しさもあります。「我先に!」じゃないところが素敵ですし、子どもや観光客に優しい街です。
 たくさん楽しんでください! Viel Spaß!!

 <注意点>
・屋外では寒さに注意!!3月末でも雪が降る年もあります。
  (屋内イベントではOKでも、外はまだ寒いです。)
・防寒下着を着る余裕のあるサイズの衣装を!
・フェイスペイント用のクレヨンや顔に張るシールなども販売されていますが、肌の弱い方は注意してください。
・買う前に縫製をチェック!(けっこう作りの甘い衣装があります)
・ケルシュ(ケルンの地ビール)グラスホルダーは紐の強度をチェック!
  (落ちたら大変!)
・この時期は街中がお祭り騒ぎ。グラスや瓶が割れたものが落ちている危険も倍増です。道を歩くときは足下に注意を!お子さん連れの場合は、特にお気をつけて!
・カーニバルの木曜日Weiberfastnacht(Wieverfastelovend)では、ネクタイに注意。「女性は男性のネクタイ(Krawatte)を切ってもよい」ということなので、切られることもあるそうです。(普通に道を歩いていて切られる心配はほとんどありませんが、この日は念のため切られてもよいネクタイを!)

<関連リンク>
Köln Tourismus - Service-Center ケルン市観光局サービスセンター
Karneval.com カーニバル情報ページ
<関連記事>
「2011年のカーニバルは3月!」
 日程・カーニバル関連用語など書いてます。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/209-aec2197f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)