家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツの休み時間  『朝ごはん休み』?   
 息子が通っていたドイツの現地校の時間割。
2時間目が終わったところに、「Frühstückpause und Hofpause」と書いてあります。
 「Frühstück」は「朝ごはん」
 「pause」は「休み時間」
 「Hof」は「中庭」
つまり、「朝ごはんタイム と 中庭での自由時間」っていうところでしょうか?

 実際、子どもたちは毎日、お弁当箱を持って学校に行くのです。 
 学校は昼過ぎまで。昼食は家で食べますから、お弁当箱の中身は「ごはん」というよりも、「おやつ」。
 それでも、朝8時ごろには授業が始まり、午後13時半まで授業をして家に帰ると2時過ぎですから、軽いおやつがないと空腹になりすぎてしまうんでしょう。
 (朝早いですから、朝ごはんをしっかり食べられずに来る子もいるかもしれませんし!)

 お弁当箱の中身は、パンや果物が主流のようです。
 「ニンジンを丸ごともってきている子もいた」と、息子が驚いていました。
 我が家は薄切りのパンや小さめのパンにジャムを塗ったものやワッフル、果物はリンゴやプルーンなどその季節に手に入りやすいものを入れていました。そうそう、小さいチーズを入れたりもしましたっけ。
 飲み物は、ボトルに浄水器から水を入れて持たせていました。

弁当箱
(写真: 「弁当箱 Butterbrotdose」と「水筒 Trinkflasche」)

 日本のお弁当みたいに、「おかず」は入れません。
 防水のパッキンもないですから、汁が出る果物もやめておいたほうが無難です。
 もちろん、スナック菓子のようなものではなく、腹持ちのよい健康的なものを選んだほうがよいかと思います。

 栄養は家での3食で補えますから、子どもの好きなものを入れればいいですし、毎日ほぼ同じで大丈夫。
 日本の学校のお弁当を作ることを考えたら、なんとも簡単なお弁当です。(笑)

 「弁当箱 Butterbrotdose」と「水筒 Trinkflasche」は、新学期前になるとTchiboで販売されていました。もちろん、Amazon.deでは、いろいろな種類のものを見つけることができます。もちろん、デパートや雑貨店でも置いてあります。
 入学祝用でしょうか、お弁当箱と水筒のセットもありますよ!

 私は「出産祝いにもいいなぁ」と思っています。(赤ちゃん連れのお出かけにも便利そうでしょう!)

<追記>
 日本人学校では時間割も違います。日本のように、お昼ご飯のお弁当を持って行くところもあるようです。

<関連単語>
Frühstückpause 朝ごはん休み(中間休み)
Butterbrotdose 弁当箱(※上の写真のような簡単なもの)
Trinkflasche 水筒
(「nachfüllbare Trinkflasche」 繰り返し使える水筒)
 
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/222-fc45b3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)