家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツで自転車   
ドイツで自転車

 ドイツでは、多くの人が自転車(Fahrrad)を利用しています。
 駐輪するスペースも街のあちこちに。自転車のルールも守られているようで、うらやましい限りです。
 バスや電車に乗せることもできるので遠出するときに自分の自転車を持って行けますし、もちろんレンタル自転車もあります。
(もちろんバスや列車では、自転車を載せられる車両の指定はあります!)

 そして、ドイツでは自転車道(自転車通行帯)が整備されています。
 歩道の車道側。走る方向は自動車と同じで、右側通行です。
(自転車ルールについては下記参考リンクが詳しいです)
 自転車道(通行帯)が整備されているからこそ、ちゃんと右側通行しないといけません!
 ※自転車通行帯がない場合は車道を走ります。歩道を走るのは禁止されています!
  歩行者も、自転車通行帯を歩かないように注意!

 間違えて左側を走ってしまっていたとき、向かいからくる自転車のお兄さんが「警察がいるよ!」と教えてくれたこともあります。(急いで回れ右しました!)

 ドイツの自転車の価格は、円高の今はさておき、私たちが渡独した頃は非常に高かったです。
夫と子どもたちは、中古自転車市に行って買ってきました。
(たしか、大人用1台と子供用2台、計3台で180ユーロでした。)

ラウフラート
 これは「Laufrad ラウフラート」。幼児用のバランスバイクです。ペダルはなくて、足で地面を蹴って走って進みます。
 2歳ぐらいの子も、これで走っています。(詳しくは次の記事に書くつもり)

 自分では走れない乳幼児は、日本のような子ども載せ自転車よりも、一番上の写真にあるような自転車の後方につなげる乳母車のような『キッズトレーラー(チャイルドトレーラー)』「Kinderanhänger・Fahrradanhänger」(英語では「Kids trailer・child trailer」)を使っている人が多いように感じました。子ども載せ自転車に乗れないような小さい赤ちゃんや、双子の子、3歳ぐらいの子と赤ちゃんの兄弟が一緒に乗っていたり!(2人分のシートベルトが付いているトレーラーがあるのです)
 問題は大きいので場所をとること。アパートの駐輪場が狭いと置けないですし、自転車道のない日本ではなかなか使えないと思っていたのですが、最近京都でも見かけるようになりました。

 ドイツでは家族全員で自転車で出かける人もたくさん。家族一緒にサイクリングするからこそ、自然にルールもちゃんと身に付くのでしょうね。手で「右折・左折・停止」のサイン(Handzeichen)をするのも、親が教えているようです。
 最近日本でも自転車の交通ルールが厳格化されるようですが、小さい頃から自転車のルールを学ぶこと・教えることが日本でも必要だと感じました。

<参考リンク>
自転車 - ラインブリュッケ Rheinbrücke
 ドイツの自転車ルールについて、本当に詳しいです。ドイツにいる間に知りたかった!!
 「VERKEHRS WACHT(交通安全協会)」の冊子を参考にしているそうです。ドイツで自転車に乗ろうと思っている方、必見!
 ドイツで道路を走る自転車に必要な装備なども、ドイツ語付きで紹介されています。
Amazon.deのカテゴリー「Sport & Freizeit」から「Fahrrad & Zubehör」(Radsport)へ。
いろいろな自転車、自転車用品の価格など、参考になります。
 もちろん、買う時は実際に自転車にまたがって決めた方が良いと思います。(とくに子どもの場合!)

<関連単語>
Fahrrad(複数形 Fahrräder) 自転車
Fahrradhelme(Herme) 自転車用ヘルメット
 ヘルメットは子どもだけでなく、大人もつけます。
Kinderrad(Kinderfahrräder) 子供用自転車
City-Rad シティサイクル
Elektrofahrrad 電動自転車
Einrad 一輪車
Klappfahrrad 折り畳み自転車
Tandem 二人乗り自転車
Pumpe(Fahrradpumpe) 自転車用空気入れ
Kinderfahrradsitz(Fahrradsitz)自転車用子ども座席(子ども乗せ)
Kinderanhänger・Fahrradanhänger チャイルドトレーラー・キッズトレーラー
Fahrradwimpel(Sicherheitswimpel) 自転車用フラッグ(旗)
 ※子ども乗せ用のトレーラーや子供用自転車につけて、目立つようにする三角の旗です。多くの子どもたちがつけています。
 自動車の運転手の死角に入りやすい背の低い子どもたちの自転車(子どもたちの載っているトレーラー)を守るため、また、迷子にさせないための道具だと思います。
 
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/237-8665b6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)