家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
そば粉クレープ「ガレット」を作る   
 ドイツのスーパーでも見かけるそば粉「Buchweizenmehl」。
 これで、我が家では そば粉クレープ「ガレット」を作っていました。
 と、いうのも年末にそば打ちをするつもりで買ったら、BIOスーパーで乾麺のそばを見つけてしまったので、そば粉が余ってしまったのです(笑)

 「ガレット」というのは、フランス、ブルターニュ地方でよく食べられているそば粉のクレープ。
 デザートではなく、主食としても美味しいメニューです。

 ドイツでは、クリームチーズ(Frischkäse)やジャム、ハチミツも種類が豊富で美味しいですから、是非試してみてください。ハムやソーセージを巻いたり、スプレー缶入りの生クリーム(ホイップクリーム)とフルーツを載せるのも美味しいですよ。

 ポイントは生地を寝かすこと!
 朝食べるのだったら前日の夜に、昼に食べるのだったら朝食後すぐに、生地を作っておくとバッチリです。


■そば粉クレープ「ガレット」
<材料>(フライパンで8枚ほど)
・そば粉 2カップ (200gほど)
・牛乳(ぬるめ) 600cc (3カップ)
・たまご(常温) 2個
・溶かしバター 50g
(ドイツのものは無塩の発酵バターが多いです!)
・塩 小さじ2分の1 (4つまみほど)

<作り方>
(1)そば粉とたまご、塩をボウルに入れて混ぜたところへ、ぬるめの牛乳を少しずつ加えて混ぜる。
 (たこ焼きの生地の要領です!)
(2)バターをフライパンで溶かし、素早く(1)のボウルに加えてよく混ぜる。
(バターはレンジで溶かしてもOK。2センチ角に切り耐熱容器に入れ、ラップをせず、様子を見ながら500ワットで1~2分)
(3)目の細かいザルや味噌濾しなどでダマを取り除いて冷蔵庫で1時間以上寝かしておく
(4)バターまたはサラダ油を薄く塗ったフライパン(ホットプレート)に、お玉1杯分を薄く広げ、表面が乾いてきたら裏返し、裏はさっと焼くだけ。
 あとは、お好みのものをのせて召し上がれ!

<注意>
 必ず、生地を作った次の日には焼きます。
 生地は日持ちしないので、保存したい場合は焼いてから冷蔵・冷凍保存します。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/251-2921b199
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)