家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツでタクシーに乗る   
タクシー値段カード

 これは、とあるドイツのタクシー会社の値段表。(2007年当時)
 ホテルのフロントに置いてあったものです。裏には会社名と電話番号、メールアドレスが書いてあります。

 書いてあるのは、19%の消費税込み(INKL.19% MwSt.)の運賃(Fahrpreise)です。
 「bis km」は「~kmまで」ということ。
 その隣は「C」に見えるかもしれませんが、「」ユーロマークです。

 こうやって、事前にだいたいの金額が分かっていると安心です。
(※後から調べてみたら、この会社の料金はちょっと高めだったみたいなのですけれど……)
 会社によっては、ホームページで料金表を公開しています。ドイツの検索サイトで、乗車する地域名と「Grundgebühr 基本料金」または「Taxi Tarif タクシー運賃」で検索してみて下さい。

 ドイツでもタクシーは公共交通機関に比べると高いですし、普段使うことはなかったのですが「子どもが病気」などの緊急時には、やはり便利です。
 いざという時のために、タクシーの呼び出し番号をメモしておき、自分の家の住所を言えるように練習しておくとよいと思います。


 タクシーに乗る時に便利なのは、行き先の「通り(Straße)の名前 番地」の書いてあるメモ。
 ドイツでは通りの名前と番地が分かれば場所が特定できるので、タクシーには「通り」の名前を入れる「カーナビ」がついていました。
 もちろん、口頭で伝えてもよいのですが日本人の発音では分かってもらえないこともありますし、外国出身のドライバーの方も多いので、スペルが分かるメモがあると便利なのです。
  「観光地の建物名・地域名・PLZ 郵便番号」もドイツ語で書いておくと分かりやすいと思います。
 もちろん、地図で場所を示してもいいですね。

 我が家は小学生と幼児のいる5人家族だったのですが、チャイルドシートの使用もドイツのタクシーでは日本よりも厳しいようです。日本では大丈夫だったのに、「抱っこはダメ」と言われて、「自動車の国だなぁ」と思ったのを覚えています。
 4歳未満はチャイルドシート、12歳未満はシートクッション(ジュニアシート)が必要なようです。
 子ども連れでタクシーを利用しようと思うと、タクシー乗り場(Taxistand)でもチャイルドシートのついている(シートクッションを備えている)タクシーを選べます。ホテルなどでタクシーを呼んでもらう場合も、「子どもがいる」と伝えます。人数が多い時は、人数も。
 我が家は5人でしたから、チャイルドシートとシートクッションの両方を使うと大きいタクシーでないと乗れません。駅前のタクシー乗り場でも、目の前に止まっている一番前のタクシーの運転手さんが「おーい!子ども連れで5人だから大きいやつ」と、だいぶ後ろに並んでいた大きいタクシーを呼んでくれました。
 ホテルから呼んでもらった時は、子ども連れに慣れている女性ドライバーが大型のワンボックスカーで迎えにきてくれて非常に快適でした。

 上のカードにも書いてありますが、大型(Großraum)のタクシーは少し料金が高くなります。(Aufpreis 割増価格・追加料金)
 待ち時間(Wartezeit)の金額も書いてありますね。


 基本料金が決まっている近距離(Kurz Strecke)はよいのですが、どのぐらいの距離か分からない時や遠距離の場合は、乗るときに大体の料金を聞くのがいいと思います。
 観光などの場合、「一日貸し切り」など運転手さんと交渉して「Pauschalpreis」(ひっくるめた料金)で回ってもらうこともできます。この場合も、「目的地・途中で寄りたい場所・スケジュール(食事や電車など)」などをドイツ語で書いたメモがあるといいと思います。
 「Taxi Guide」は、観光タクシーのこと。観光地では「1時間あたり~ユーロ」などという主要観光スポットを回るプランもあります。

 降りる時には「Quittung」領収書をもらいましょう。
 値段だけでなく、ドライバーの名前や車の番号、会社の名前、電話番号なども書いてあることが多いので、忘れ物をした時や、また利用したい時など便利です。

<ドイツ・タクシーの乗り方>
 ・自動ドアではないので、自分で開け閉め
 ・どの席でもシートベルト着用
 ・子どもは後部座席で、チャイルドシート・シートクッションを使用
 ・一人で利用の時は助手席
 ・降りる時にチップ(10~15%)
   おつりの小銭を受け取らないでチップにすることも
 ・追加料金などに注意
   「迎車料金」「大型手荷物料金」「大型車割増料金」
   「夜間料金」「クレジットカード払い手数料」など
 ・車の上の「TAXI」ランプが光っていたら「空車」
 ・電話帳では「Taxi Ruf タクシー呼び出し番号」をチェック
 ・渋滞があることも考慮する 

<関連単語>
Grundgebühr 基本料金
Taxi Tarif タクシーの運賃
Fahrpreise 乗車料金
Taxi Ruf タクシー呼び出し電話番号
Taxistand タクシー乗り場
Pauschalpreis 包括料金
Quittung 領収書
Taxi Guide 観光タクシー
Fahrer 運転手・ドライバー
Beifahrersitz 助手席
Großraum-Wagen 大型車(5~8人)
Aufpreis 割増価格・追加料金
Wartezeit 待ち時間(待機時間)
Inkl.19% MwSt. 19%の消費税込み
Kurz Strecke 近距離
Kindersitz チャイルドシート
Sitzerhöhung ジュニアシート
Sicherheitsgurt シートベルト
Straße 通り
Rufen Sie bitte ein Taxi. 「タクシーを呼んで下さい」
Bis zu dieser Adresse, bitte. 「この住所まで行って下さい」
Stimmt so. 「お釣りはいりません」(お釣りをチップとする時に)

<関連リンク>
Die Taxiauskunft
 ドイツのタクシー案内のホームページ。英語のページもあり。
Vorwählnummer」市外局番や都市名(Stadt)でタクシー会社を検索できます。
 ケルンだったら、「Vorwählnummer」は「0221」のようです。
スポンサーサイト
              
コメント

はじめまして。
今年の夏にドイツへ1年間の滞在予定です。
子供が現在小3と4歳がいるので、つきこさんのこのブログ色々ととても参考になります♪
一つ教えて頂きたいのですが、渡独前にやるべき予防接種を済ませておきたいと思い色々検索しているのですがなかなか見つかりません・・・
二人とも日本でやるべき予防接種は済ませているのですが何かアドバイスありましたらお願いします。


(初めての書き込みでいきなり質問で大変恐縮です・・・)
---------- yoko [ 編集]* URL * 02/02, 15:46 -----

>yokoさん
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 このブログが少しでもお役に立てば嬉しいです。

 予防接種ですが、日本で受けられる予防接種を受けていれば大丈夫ですよ。ドイツは医療先進国なので、「日本で受けてこられなかったから危険」という病気はないようです。我が家も、任意のものでは水疱瘡やおたふく風邪を日本で済ませましたが、肺炎球菌やヒブワクチンはまだ国内未承認でしたし、B型肝炎ワクチンも受けていませんでした。
 ドイツでは基本予防接種の項目が日本よりも多いです。日本では承認されていない「髄膜炎」のようなワクチンもありますし、渡独後ドイツの小児科で相談するとよいかと思います。接種していないワクチンの接種カレンダーを作ってくれると思います。(学校で予防接種手帳が必要になることもあるようですので、一度小児科に行くと安心ですね)
 下のページも参考にして下さい。 

 予防接種についての過去記事
http://einszweidrei.blog69.fc2.com/blog-entry-89.html
 ドイツニュースダイジェストの予防接種についての記事
http://www.newsdigest.de/newsde/column/doctor/2809-vaccination-for-children.html
---------- つきこ [ 編集]* URL * 02/02, 17:39 -----

つきこさん、早速のお返事本当にありがとうございました。
予防接種に関してはひとまず、安心しました。
渡独したら小児科に相談したいと思います。

小3の子供の小学校ですが、うちも現地校(アーヘン)を考えており色々と教えて頂きたい事があるのですが、まとまったらまた改めて教えて頂けますでしょうか?
今後ともよろしくお願いします。
---------- yoko [ 編集]* URL * 02/03, 13:37 -----

>yokoさん
 私で分かるようなことでしたら、またコメント欄でご質問ください。
ただ、帰国後数年を経過してますし、ドイツに長年暮らしたわけでもないので、お役にたてなかったらスミマセン。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 02/03, 14:33 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/253-86d38501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)