家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
Pipoと始めるドイツ語!   
pipo

 「NHKテレビ ドイツ語会話」で放送されていた「ピポの大冒険!Pipos Abenteuer」。大好きだったので、録画したものをDVDにして見ていましたが、なんとインターネットで公開されているのです。すごーい!!

 1999年度と2000年度のラジオ「ドイツ語講座」で放送され、2003年度と2004年度のテレビ「ドイツ語会話」で放送されていた火星人の王子様「Pipo」ピポとドイツ人の女の子ティナ「Tina」の物語。
 可愛いだけでなく、文法事項をがっちり押さえ、しかも物語は「環境破壊」が一つのテーマになっていて、大人も子供も楽しめます。

 ラジオで学習していた夫も、テレビで見ていた私も、大変気に入っていたシリーズです。

 書籍はCDブックで発売されていたのですが、今は品切れになっている様子。CD2枚つきで、テレビ講座のテキストを書籍にした形で、本当に良い「ドイツ語文法の教科書」だったので残念だと思います。

NHK新ドイツ語入門―Mit Pipo Deutsch lernen! (CDブック)NHK新ドイツ語入門
―Mit Pipo Deutsch lernen!
(CDブック)

(2006/01)
相澤 啓一

商品詳細を見る


 「DVDがあったらいいのに」と思って調べていたら、なんと上記の本の作者、当時の「テレビ ドイツ語会話」の講師でもある相澤啓一先生が、インターネットのホームページでピポを公開してくださっているのを発見!!

  『Mit Pipo Deutsch lernen!新ドイツ語入門』は、全50課。
 動画はwmvファイルで、Windows Media Playerなどの動画ソフトで見ることができます。
私のWindowsでは、ホームページの第1課をクリックすると、Windows Media Playerが自動で起動して動画を見ることができました。
 アニメ部分だけでなく、相澤先生の文法解説もしっかり入っていて、それぞれの回(課)が5分ほどです。
 アニメにはドイツ語字幕も付いていて、画面を見ながら一緒に音読もできますよ。
 第1課は本当にゆっくり。次第にセリフのスピードも早くなっていきます。

<リンク>
NHK ドイツ語会話 Pipoの物語のビデオサイト
 ピポの動画(wmvファイル)のあるページです。
相澤啓一のホームページにようこそ
 相澤先生のホームページです。ピポ以外にもドイツ文学研究などの情報があります。

 キャラクターが可愛いので、お子さんと一緒にドイツ語を学び始めるのにも良いと思います。
(もちろん解説には漢字もあるので親と一緒でないとダメだとは思いますが、「親子で始めるドイツ語」にピッタリだと思います)
 なかなか子ども向けのドイツ語教材はないのが実情ですし、最近のNHK「テレビでドイツ語」は会話中心ですから「ドイツ語文法」を学ぶ教材としてもよいと思います。
 練習問題などがあるテキスト(前述の「CDブック NHK新ドイツ語入門」)もあると便利ですけれど、古本屋さんなどにあるといいですね。
 
スポンサーサイト
              
コメント
はじめまして
はじめまして。ピポの大冒険を検索してこちらのページにたどり着きました。
紹介してくださっている動画なのですが・・・削除されてしまったのでしょうか・・・??ご存知ですか?私は『ピポの大冒険』を一度も見たことがないので是非動画を見て勉強しようと思っているのですが・・・。。何か情報ありましたら教えていただきたいです。
---------- とむ [ 編集]* URL * 06/27, 22:53 -----

>とむさん
 こんにちは。
 あれれ?動画、ご覧になれませんでしたか?
 今(6月28日朝9時半ごろ)、我が家のパソコンでちぇっくしたところ、ちゃんと視聴できたのですが、wmvファイルを見ることのできるアプリケーション(Windows Media Playerなど)はパソコンに入ってらっしゃいますか?。
(我が家では、動画ファイルをダウンロード後、ウインドウズ・メディア・プレーヤーが起動しました)

 サイトのサーバーメンテナンスなどで見られないこともあるかもしれません。
 もう一度お試しいただいてダメな場合は、別のパソコンでアクセスすると見ることができるかもしれません。

 あまり、お役にたてなくてスミマセン。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 06/28, 09:40 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/258-db12d66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)