家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツで日本のテレビを見る方法「Slingbox」   
 このサービス、私たちの渡独時にも欲しかった!
 設置した場所のテレビ・レコーダーの番組を世界中で見ることができるという機器+サービス「Slingbox スリングボックス」です。

 ドイツで使うとしたら、まず日本の家(自宅や実家など)に「Slingbox」を設置・設定・ユーザー登録。
 渡独後、インターネットにつないだパソコン(再生ソフトウェア「SlingPlayer」)で、日本(「Slingbox」を設置した場所)のテレビ番組、録画した番組を見ることができるんだそうです。
購入前に、必要なネットワーク環境(回線速度や「ポート5001番が利用できること」など)、OS・ブラウザ・対応機器などの『動作環境』は要チェックです!!

 録画機器の操作もできるので、新しい番組も録画できるとか。(けっこう対応機種も多いようです)
 モバイル用の再生用アプリケーションもあって、国内でも外出中やテレビを置いていない部屋でも見ることができるんだそうです。

 もちろん、設置できる場所が必要ですから日本に利用可能な住宅が必要。
(単身赴任で家族が日本に残っている場合や、実家や自宅があって、しかもインターネットが使える環境が必要ですね。)インターネットの端子とアンテナ端子が離れたところにあると、接続が大変かな。(無線でなく直接繋いだ方がいいと書いてあるので、遠く離れているとコードが長く必要ですよね)

 Slingboxを接続してあるテレビを日本でも使っている場合は、チャンネルをどちらかが希望する番組にしないとダメなようです。(海を越えたチャンネル争いが起こるというわけですね)
時差があるので、子ども番組なども録画しないと子どもに見せられないかな?
(夕方の子ども番組は録画しなくても朝に見せることができるかも!)

 Slingboxの月々の費用はかかりませんが、電気もインターネット回線も使うので、留守中でも電気代やプロバイダ利用料、回線使用料などもかかります。
 (コードもつなぎっぱなしになると、電源オフでも待機電力がかかりますよね)
 それに、いざ、故障やトラブルがあった時に「留守宅」だと対応できないかもしれません。再起動や設定のし直しなど、家族ができるといいですが、うちの場合実家の親は機械やネットに詳しくないので無理かなぁ。


 ドイツでも、契約すれば日本の番組を見ることができますが、ほぼリアルタイムで全てのチャンネル、衛星放送も見ることができて、録画番組も見ることができるというのは画期的だと思います。
 ドイツでの契約料や月々の費用も考えると、Slingboxも比較検討の対象におススメしたいと思います。

 ※もちろん私は使ったことはないので「絶対オススメ!」とは言えませんし、「使えなかった!」と言われてもいっさいの責任は持てませんので、自己責任でよろしくお願いします。

<リンク>
Slingbox 公式サイト
海外で見る | Slingbox 公式サイト
FAQ | Slingbox公式サイト
Slingbox - Wikipedia(ウィキペディア)

<追記>
 ドイツでのネット環境も要確認です。
 ゲストハウスなどはネットが整備されていてすぐ使えるところもありますが、渡独後に新規申し込みをするとネット開通まで2ヶ月ほどかかる場合もあります。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/259-fdeca1a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)