家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
シチューのルーの話   
 ドイツのスーパーでシチューのルーを探したところ、ホワイトソースやブラウンソースが売っていました。
 たしか固形ルーでなくて、顆粒ルーでした。
・ホワイトソース Mondamin - Klassische Mehlschwitze hell
・ブラウンソース Mondamin - Klassische Mehlschwitze dunkel

これと、ブイヨンやコンソメを組み合わせれば美味しいシチューができます。
 

<関連単語>
Mehlschwitze hell     ホワイトソース
Mehlschwitze dunkel    ブラウンソース
 「Mehl」は小麦粉。
 「schwitzen」は「油で炒める」という動詞です。
 小麦粉を炒めて作るから「Mehlschwitze」なんですね。
 ちなみに、「hell」は「明るい」、「dunkel」は「暗い」です。

 日本でおなじみの「デミグラス(ドミグラス)ソース Demi-glace」は、フランス語。
 炒めた小麦粉(ルー・ブラウンソース)とフォンドボー(子牛のスープ)と香草、トマトペーストなどと長時間かけてじっくり煮込んだもので、ブラウンソースの高級版といった感じでしょうか。そういえば、日本ではふつうのブラウンソースのルーって見かけないですね。
 

 ほかにも、シチューっぽいメニューの素がスーパーでもいくつか売っています。

ビーフシチューに
 写真は、Rouladen ルラーデン(牛肉のロール巻き煮)の素(Fix)。
 これを使ってビーフシチューを作っても美味しかったです。

 Gulasch(グーラッシュ・グヤーシュ)の素を使うと、ハンガリー風のシチューができますよ。これも日本にはないパプリカの風味で、ドイツでは結構有名なメニューです。機会があったら一度お試し下さい!
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/265-3ebbdf13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)