家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
春です! Ostern(復活祭)   
イースターシール

 「Ostern オースタン」、つまりイースターはキリスト教の重要な祝日「復活祭」です。
 ドイツでも、春はイースターの季節です。

 「イースターっていつなの?」と子どもに聞かれるたびに、また調べてしまうのですが、
「春分後の最初の満月の後の日曜日」という移動祝祭日なので、毎年日付が変わります。

 2012年は4月8日です。

 ドイツでは、復活祭当日の日曜日は「Ostersonntag」、月曜日は「Ostermontag」と言って、月曜日も祝日「Osterfeiertag」でお休みです。
 学校は、1週間から10日ぐらいの「イースター休暇 Osterferien」があります。

  イースターといえば、イースターエッグ「Osterei」。
(「Oster イースター」の「Ei 卵」というわけです)
 綺麗に色付けした卵が有名ですが、上の写真のような便利なシールも売ってます。
 卵売り場に置いてあって、春らしいデザインのシールがたくさん入っています。
もちろん、本物の卵だけではなくて、チョコエッグもありますし、卵形の素敵な缶に入ったお菓子も売っています。

 そうそう、イースターといえばウサギ「Osterhase」もお忘れなく。
Osterei」を持ってきてくれるというウサギです。
 ウサギ型のチョコレートも売っています。
イースターウサギ
 これは、ウサギ型の缶の中にウサギ型のチョコレートが入っているもの。可愛いでしょう?
有名なLindtのチョコレートです。毎年、いろんなウサギチョコとタマゴチョコが売っているようですが、このウサギさんは定番のようですよ。

 キリスト教徒ではないのですが、子どもたちは「タマゴ探し」みたいなワクワクするイベントが大好き。
本物のゆでタマゴだったら、隠したところを忘れないように!チョコレートだったら、温まるところには隠さないように注意!
 親子でちょっとドイツらしい春の行事を楽しむのもいいものです。


<関連単語>
Ostern 復活祭・イースター
Osterfeiertag 復活祭の祝日
Osterfest 復活祭のお祭り
Ostersonntag 復活祭当日の日曜日
Ostermontag 復活祭の次の日、祝祭日の月曜日
Ostersamstag 復活祭の前日、聖土曜日(イースターイブ)
Osterabent=Osternacht 復活祭の前夜(イースターイブ)
Ostermonat 復活祭の月(4月のこと)
Osterzeit 復活祭の季節
Osterwoche 復活祭週間(Ostersonntagからの1週間)
Osterei イースターエッグ
Osterhase 復活祭のウサギ(イースターバニー)
Osterferien 学校のイースター休暇
Osterurlaub イースターの時期にとる有給休暇

 
スポンサーサイト
              
コメント

イースターのせいか、ドイツの春は「黄色」のイメージです。ウサギやヒヨコのチョコは可愛いですよね。我が家は娘しかチョコを食べないので、なかなか買えないのが残念。買うだけでも幸せな気分になるので、友達にプレゼントしています。
---------- うさぎ [ 編集]* URL * 04/04, 01:58 -----

>うさぎさん
そうですね、黄色のちょうちょの飾りもありますよね。
我が家はチョコが好きなので、チョコエッグをよく買っていました。
クリスマスからバレンタイン、イースターまでの季節はついついチョコを食べすぎてしまいます。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 04/04, 07:40 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/266-aeef3a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)