家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
カーニバルはいつ?   
 キリスト教国は昨日までカーニバルKarnevalカルネヴァル)だったそうです。
 来年は私たちもカーニバルで盛り上がっているケルンにいるのだと思うと、ワクワクします。
(ケルンはドイツの中でも盛大なカーニバルで有名だといいますから!)

 驚いたことに、カーニバルの日程って毎年大きく変わるのです。
 カーニバルは「復活祭の40日前、断食の期間(四旬節)に入る前に行われる祭り・謝肉祭」ということで、復活祭の日付によって移動してしまうのです。
 復活祭(das Ostern)が「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」と決まっているので、春分の日と満月の関係で1ヶ月近く移動するんですって!
(日本と違って、春分の日は3月21日に固定されてるというのもビックリ!)

メモ:
 復活祭の前40日間=「断食の期間(四旬節)」
 カーニバル=四旬節にはいる前のお祭り・謝肉祭
      (ラテン語のcarne vale「肉よ、さらば」に由来)


 で、計算してみました。
 今年の復活祭は4月8日で、40日前は……あれ?計算が合わない!
 んん?
 よく調べてみると、「復活祭から(日曜日を除いた)40日前」と書いてある!!

「カーニバルの後の最初の『水木金土』の4日間」

「その後の復活祭までの6週間から日曜日をひいた36日間
(7×6=42 42ー6=36)」
 =40日間


 なるほど。復活祭が日曜日だと、四旬節の初日が必ず水曜日(灰の水曜日!)になるんですね!

 ちなみに来年の復活祭は3月23日で、灰の水曜日は2月6日。
今年よりも2週間ほど早いカーニバルになりますね。

◆参考
 復活祭の日の計算方法(コンプトゥス) - Wikipedia
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/27-c40a7315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)