家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
ドイツのツナ缶 Thunfisch   
ツナ缶

 ドイツでも便利なツナ缶。
 サラダやサンドイッチなど、常備してあるとやっぱり助かります。
 写真は、オイル漬けマグロ缶 「Thunfisch in Öl」です。

 でも、野菜スープ入りのものや味付けがしてあるもの、野菜入りのものもあるので、缶の表示をよく見て買ってください。

Thunfisch pikant ピリ辛ドレッシング味のツナ
mit Gemüsebeilage (付け合せ)野菜入り

 スーパーで、普通に売っています。
 1缶、65セントぐらいでした。(2008年当時) 
 たしか185gで、日本のツナ缶の大きな缶と同じぐらいかな?

 「ツナ」というのは、マグロだけでなくてカツオなど、サバ科の大きくて活発な魚全般を指す単語なので、実際に「マグロ」だけが入っているかは分からないのですけれど。缶のイラストを見ると胸びれが長いので、ビンナガマグロじゃないかなと思います。

<関連単語>
Dose
スポンサーサイト
              
コメント

お久しぶりです。
以前、現地校の事で教えて頂きとコメントさせていただいた者です・・・
実は未だ分からない事が(教えて頂きたい事が)たくさんありすぎて・・・
 まず先に教えて頂きたいのですが、渡独前に現地校に連絡(提出書類確認)等されましたか??
 それと(もちろんその学校によってまちまちだとは思いますが)お子さんの行かれていた現地校はプリント(親への連絡文章)などは結構ありましたか?(これが私達夫婦のもっとも恐れている事です(苦笑)
 ネットで見るとドイツ現地校は朝早くて1時に終わると書いてあるのですがそんな感じでしたか?
 つかぬ質問で恐縮です・・・
お返事ですが、急ぎませんのでつきこさんのお時間のある時で結構ですので~♪
---------- yoko [ 編集]* URL * 06/14, 14:20 -----

>yokoさん
 こんにちは。
 現地校への連絡は、渡独後でした。と、いうのも、学校を決める役所に出向くのが、住民登録の後だからなんです。学校を決める役所へは主人と子どもたちが行ったのですが、外国人であることや、ドイツ語の習熟度合いを見て、学校を決めて下さいます。家の近くとは限らず、我が家の場合は、「多くの外国人児童に対応している」学校でした。

 おたよりプリントはたくさんもらいましたよ。
 口で言われるよりも、辞書などで調べて準備できるのでプリントはありがたかったです。

 あと、学校はたしかに早く終わります!遅めのお昼を毎日家で食べるような感じでした。(もちろん、課外活動で残る子もいましたが、学校の授業は昼までです)
 ですので、家に帰ってから日本の勉強をしたり、十分時間がありますよ。遊ぶ時間もたっぷりでした。
 日本と比べると授業時間が短すぎて、少し不安になるぐらいですね。
それでも、今思うと子どもたちには良い時間だったように思います。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 06/15, 13:36 -----

つきこ様

こんにちは。
お忙しいところ早々にお返事本当にありがとうございました~!
おたよりプリントたくさんあるんですね・・・
ドイツ語辞書片手にハチマキ巻いてガンバリます・・・(汗
 授業時間が短い事はドイツ語ゼロの娘にとっては良い事!?なのかな(苦笑)と思っています・・・もう4年生と言う事もあり友達関係など色々と大変な事があると思うのですが、親子共々前向きに考えて行きたいと思ってます。
また、宜しくお願いします。
---------- yoko [ 編集]* URL * 06/16, 07:17 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/273-14ff8491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)