家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
犬と暮らすドイツ   
犬の切符

 これは、駅にある切符の発券機。
 犬の絵があるのが分かるでしょうか?
 この絵でも分かるように、ドイツでは公共交通機関に犬と一緒に乗ることができます。

 犬用のキャリーに入れることもなく、犬がバスや電車に乗っているわけです。
 でも、犬が人間に対して吠えたり、車内を歩き回ったりすることは、ほとんどありません。
 まるで、盲導犬や補助犬のように、飼い主の足元にきちっと伏せているのが普通です。

 「犬と子どもはドイツ人にしつけさせろ」という言葉があるそうです。
 そのぐらい、ドイツの犬はきっちりとしつけられています。
 1歳から3歳ぐらいまでに、きっちりとしたトレーニングを受けることが多いそうです。

 たとえば、バス停や車内で吠えた犬がいたとしたら、飼い主が周りから注意されますし、飼い主がきっちりと犬に言い聞かせていました。
 私たちも、犬のせいで恐い思いをしたことはありませんでした。
 あんまりお利口すぎて、犬好きの娘が「わんちゃーん」と、ニコニコ近づいて行ってしまうのだけが悩みの種でしたけれど。(笑)

 犬が苦手な人は、ドイツに来るときはちょっと覚悟したほうがいいかもしれませんね。思いもかけず、電車内などで大型犬などに会ったら、ビックリしてしまうでしょうし。
 それでも、ドイツの犬の様子を見たら、犬嫌いが治るかもしれません。

<参考リンク>
ドイツのペット事情
 ドイツのペット事情、特に犬を飼い育てることについて詳しいです。
 
 
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/301-31b1d8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)