家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
「Auf」と「Zu」は「ゆるむ」と「しまる」」   
 これは電気製品のプラスティックねじ。
 日本の会社のものなんですけれど。なんとドイツ語も書いてありました。
ゆるむしまる1
 「Auf」と「Zu」です。
 そして、このねじで「Auf」と「Zu」に対応している日本語は「ゆるむ」と「しまる」。英語は「LOOSE」と「TIGHT」。
ゆるむしまる2

 ドイツ語の「Auf」と「Zu」には、いろいろな意味がありまして、辞書を引いてもすぐ「ゆるむ」「しまる」と出ているわけではないのですけれど、以下のような説明がありました。

Auf」は、分離動詞の前つづりとして 『開ける・展開する動作』 などの意味を添える。
Zu」は、分離動詞の前つづりとして 『閉鎖』 などの意味を添える。


 たとえば、「ねじを開ける」というときには「auf | drehen」。
 そして、「ふたを開ける」というのは 「auf | decken (machen)」、「ふたをする(閉じる)は」「zu | decken (machen)」。
 きっと、ドイツ語話者は動詞を省略していても、「Auf」と「Zu」と書いてあれば、「開ける」「しめる」をイメージできるんですね。

 このねじに書いてある日本語は「ゆるむ」「しまる」ですから動詞。英語は「LOOSE」と「TIGHT」ですから形容詞ですね。(「loose」は動詞や副詞・名詞もありますが……)
 同じねじに、3つの言語が違う品詞で書いてあるなんて面白いですね。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/325-98051d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)