家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
『アンぺルマン』   
『アンぺルマン』
AMPELMANN GmbH
高橋徹 訳・著
郁文堂


 ドイツの信号機のキャラクター「アンぺルマン」の本が出たそうです。
 お土産でも有名ですね。
歩いている緑の信号(青信号)くんと両手を広げて通せんぼしている赤信号くんのペアで、いろいろなグッズになっています。
 今回の本は「公式ガイド」と銘打っています。
 全ページカラーで、写真もおしゃれ。
 ドイツ語版の内容に加えて、日本の読者向けの特別ページもあるようです。

 「Ostalgie (オスタルギー)」=「東ドイツへの郷愁」というページも、あります。
 ベルリンの街をアンぺルマンが紹介するページは、写真を見ているだけで可愛いです。

 ドイツ語のタイトルは、「Ampelmann: vom Verkehrszeichen zur Kultfigur 」。
Verkehrszeichen」は、「交通標識」。「Kultfigur」は、「崇拝の対象」。
 つまり、「交通標識から、人気者へ!」という感じの副題ですね。

 定価が「本体2,800円+税」ということで、ちょっとまだ手が出ないんですけれど、読んでみたいなぁ。

<関連サイト>
SCHRIFTSTELLER - AMPELMANN Webshop
 ドイツ語版「AMPELMANN Buch 'Vom Verkehrszeichen zur Kultfigur'」の画像があります。裏表紙は赤のアンぺルマンなんですね。
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/327-30821b39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)