家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
バシネットと一年間有効航空券   
 前の記事では『機内でバナナ』について書きましたが、ルフトハンザに電話した本当の目的は、バナナではなく(笑)、「バシネット」について聞きたかったからです。

 バシネットというのは、飛行機の中で使う乳幼児用の簡易ベビーベッド。長時間のフライトで、子どもが眠ることを考えるとチェックしておかなければ!

 航空会社によって、いろいろな条件があるということで問い合わせたのですが、ルフトハンザでは、『身長83センチ体重14キロまで使用可能』ということで一安心。これは、チケットの依頼のときに、旅行会社に伝えればいいそうです。
 ただ、バシネットがつけられるのは壁がある部分だけ。つまり、機内では場所が限られるわけです。今回私たち家族の座席は、スクリーン前の席に予約することができました。(第一希望の席は先約あり。バシネットを希望しても、先に予約が入っていれば使えないのです。)
 早めの予約が大事なのですね。


 また、今回私たちが利用するのは『一年間有効航空券』なのですが、1年間有効航空券の場合、復路便搭乗時の年齢が適用されるため、1歳の娘も『子供料金』なんですって!
 そのため、彼女の分も座席が確保できるのだそうです。(バシネットも予約可能!)
(ちなみに・・・・・・子供料金は大人の75%、座席を使わない2歳未満の幼児料金は10%)

 国内線では3歳から子ども料金が発生するので、国際線もそうかと思っていたら大間違い!てっきりドイツ往復両方とも子ども料金がかからないと勘違いしていたため、(私の中では)予想外の痛い出費ですが、こんな小さくて手のかかる子をドイツまで連れて行ってくださるんですもの。文句を言うのはお門違いですね。
 少しでも快適な空の旅ができるよう、できる限りの準備はしたいと思います!

 ■メモ
・<子供連れにおススメの座席>
 バシネットが使えるスクリーン前の席。
 最前列は前の通路が広いので、立ってあやすこともできる。(トイレも近い)
 客室乗務員の待機所(ギャレー)に近いところのほうが、飲み物を頼んだりするのに便利。
・トイレにはおむつ替えテーブルがある。
・ミルク用のお湯がもらえる。(調乳は自分でする。)
 
スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/72-0995e7a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)