家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
子どものためのドイツ本   
 渡独前のことですが、子どもたちにドイツについて知ってほしくて、ドイツを理解するために役立ちそうな本を集めました。
 ほとんどは夫がインターネットなどで調べてくれた書籍ですが、読むことができたものを紹介します。(本のタイトルをクリックすると、出版社の書籍紹介ページへジャンプします。)
 どれも小学生(中~高学年)以上対象ですが、もっと小さい子どもでも、まず親が読んで、その後写真やイラストを一緒に見ながらでしたら、役に立つように思います。

1.「きみにもできる国際交流16 ドイツ・オランダ」(偕成社)
 この本は図書館で借りてみて一番良かったので、1冊購入しました。
 題名でも分かるとおり、ドイツとオランダのことについて書かれている本です。小学生(中~高学年)でも分かるように、カラーの写真&イラスト満載で、ドイツの日常生活や学校制度のこと、歴史や文化まで簡単に説明してあります。(まさに「調べ学習に最適」という感じです。)
 大人の私も、とても勉強になりました。
 発行も2001年と、新しい書籍ですから情報も新しいのだと思います。

2.「世界各地のくらし13 ドイツのくらし」(ポプラ社)
 この本も図書館で借りてきました。少し字が多いのと、出版された時期が10年ほど前になるので購入はしませんでした。
 ただ、現地に住む日本人学校の生徒さんの作文など、非常に興味深いものでした。現地に住む子どもたちの語る「ドイツ」は、子どもたちにとっても面白いと思います。
 
3.「世界の子どもたちは いま18 ドイツの子どもたち」(学研)
 ドイツの小学生の生活を紹介した本です。
 生活や家族、興味のあることなど、2人のドイツ人小学生の実際の暮らしとアンケートから知ることができます。
 写真も多く、ドイツの学校の時間割や登下校の話など、この本でしか得られなかった情報も多かったです。
 「あぁ、ドイツの小学生ってこんな暮らしをしてるんだなぁ」と、詳しく分かる一冊です。

4.「世界の文字と言葉入門12 ドイツ・オランダの文字と言葉」(小峰書店)
 子供向けのドイツ語の本はなかなかないのですが、「こういう文字を使ってるんだね」「あいさつはこう言うんだね」というという紹介のために使える一冊です。(ただ、「ドイツ語学習」という感じではありません。あくまでも入り口程度です。)
  「ウムラウト記号は、昔は、文字の上に小さくe(小文字のe)を書いていたこと」など、はじめて知ることもあって面白かったです。

5.「国際理解にやくだつNHK地球たべもの大百科6 ノルウェー・ドイツ」(ポプラ社)
 実は、なかなかのおすすめ本です。食文化のことだけでなく、「ドイツってどんな国?」というページでは短く分かりやすく「気候」「歴史」「環境対策」「職人制度」などについても書かれています。
 ドイツの部分は10ページほどだったでしょうか。手っ取り早くドイツを知りたいのなら、この本が一番かもしれません。小学校中学年ぐらいから一人で読むことができると思います。

NEW!<2016年1月追記>
6.『世界のともだち32 ドイツ  丘の上の小さなハカセ クラース』 (偕成社)
 36か国の子どもたちのくらしを紹介する写真絵本のシリーズ「世界のともだち」の32巻、ドイツ編が2015年12月に出版されました。
 ベルリンに住む12歳(2003年生まれ)の男の子が主人公。ドイツの子どもの日常生活が写真とイラストで紹介されています。
 巻末にはドイツの国の情報もまとめられています。


 どの本も、図書館(公立図書館・学校図書館)向け書籍になっているようなので、大きな図書館には置いてあるかと思います。近くの図書館で見つからなくても、今は近隣の図書館ネットワークで、別の図書館からの貸し出しができますので、司書さんに相談してみてください。
スポンサーサイト
              
コメント

すごい本の数ですね!こんなに下調べをされていたのですね!図書館なんてもう何年も行ってませんが、のぞいてみます。

つきこさんのお子様は学校にもう慣れたのでしょうか?

私は娘を日本学校に入れるか現地の学校に入れるか迷ってます。なにせまだ3歳の娘なので、ドイツ語もさっぱりわかってません。。。。

ドイツの本を見せてちょっとでも理解してくれるといいのですが。
---------- rieko [ 編集]* URL * 01/26, 23:57 -----

>りえこさん
 ありがとうございます。
 子供たちは現地校にも補習校にも慣れ、楽しくやっているようです。
 ドイツ語は相変わらずですが、それでもコミュニケーションしているので驚きます。

 まだ3歳だったら、ゆっくり検討する時間があると思いますよ。
 学校よりも幼稚園の時期の方が言葉がなくても慣れることができますし、言葉もすぐ覚えるそうです。
 写真入りの本を一緒に見て、「きれいだね」「こういうところに行ってみたいね」と良いイメージを持つのは、親子ともにいいと思いますよ。
---------- つきこ [ 編集]* URL * 01/30, 14:20 -----

ありがとうございます。早速、本の写真を見せてみると「ドイツ行きたい~」と言ってくれるようになりました。ドイツがまだ遠い事は、あまり理解できてないみたいですが。。。

つきこさんのお子様達はドイツで会話できるなんてすごいですね!なんとか娘も慣れてくれるように願っています☆
---------- りえこ [ 編集]* URL * 01/31, 23:57 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://einszweidrei.blog69.fc2.com/tb.php/77-a7ec4d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)