家族5人の"ドイツ生活"覚え書き。ドイツ生活初心者向けの”主婦目線”ドイツ生活情報ブログです。
    
「ニッポンの公文、ドイツの教育に出会う」   
 デュッセルドルフの公文教室で教えてらっしゃる、フックス真里子先生の著書「ニッポンの公文、ドイツの教育に出会う」(筑摩書房)を読みました。

 ドイツの教育に触れることで、日本の教育が見えてくる。

 双方の長所、短所、そしてこれからの教育について、日本とドイツの両方で教育者として過ごした経験からくる明るい視点で書かれています。

 これからドイツへ行く私にとっても、ドイツの教育システムや、その相違点・問題点などを知ることができ、とてもためになりました。
『ケルン大聖堂の見える街』   
 ケルンについて知りたくて、図書館で本を借りてきました。

『ケルン大聖堂の見える街―ドイツ、ライン河畔の散歩道で』
 著者:小林 英起子・出版社: ブッキング

 ケルンのこと、ドイツと日本の文化・生活の違い、ドイツ人の暮らしぶりなどについて書かれています。

 ただ……、私のような「ケルンに住む予定のある主婦」の知りたいような情報は予想外に少なくて残念!
 写真を多用しているような生活情報エッセイを期待していた私が欲張りだったんですけれど。

 海外の情報を得るって、なかなか難しいものですね。